結局、お金のことを解決していくことが幸せに繋がっていくんだ。

お金のこと

数年前、なんで私は、こんなにも辛くて、苦しいんだろうと思った時、

結局は、「お金」が問題の根っこにあるんだと思いました。

楽しくない仕事をしなければならない理由は、

生きていくために、「お金が必要だから」

思い起こしてみれば、私は、ずっと「お金」が原因で

悩んでいたことが、ほとんどだったんだと。

それは、良い就職をして、高い給料を貰うために、

良い進学をする必要があって、そのために、少しでも

良い成績を取る必要があって、まともな道から、一歩も

離れてはいけない。

だから、ずっと、お利口さんでいなければいけない。

そう思って生きてきたような気がします。

もし、私の中から「お金の問題」が無くなったとしたら・・

そう思った時、私は、真剣に「お金の問題」を解決しようと思いました。

数年前は、まだ車のローンや奨学金の返済をしており、

夫婦二人がフルで働いても、ほとんど貯金が出来ない。

「なんで?」「どうして?」

私は、まず家計簿をつけることから始めました。

3月から

※現在の家賃・保険料は、給料天引き。

結婚当初は、夫婦二人の手取りが35万円程度だったにも

関わらず、ほとんどお金が残ることはありませんでした。

何が悪いのかって、まずは、ローンなどの借金を

早々に返済しないといけないんだと気づきました。

そして、独身時代のたるみきった金銭感覚を

どうにかしていかないといけないんだと思いました。

そして、上の表では分かりずらいのですが、

賃貸アパートから安い団地に引っ越したり、

給料天引きになっている保険の見直しもしていきました。

支出が大きいと、それだけ収入も大きくしないといけなくなります。

すると、求人などで仕事を探すとき、最低でも、このくらいの

給料がないといけないという縛りが出来てしまいます。

大抵、給料が良い仕事というのは、

きつかったり、責任が重かったり、

特殊能力がないといけなかったりするものです。

でも、最低限これだけは欲しいという給料が低いと、

それだけ仕事の選択肢が増えていきます。

生きていくために必要な支出が少ないと、

「お金」に対する執着というものが、

徐々に減っていくんだと、最近、思うようになりました。

そして、私は、昔と比べて、

自分らしく生きていけていると実感することが出来るようになっており、

それが、一番、嬉しいことだなと思っています。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄