6月家計簿公開。私が、旦那に少な目の小遣いを渡す理由。

お金のこと

6月の家計簿を集計しました。

6月家計簿

※家賃・保険料は、給料天引き。

いつもの変動費

<生活費>

51,684円(内、医療費:6,760円)

今月は、医療費が高めでした。

私の歯医者(定期点検)と、息子が虫に刺されやすく

腫れやすい体質で、幾度となく病院にかかりました。

<小遣い(私)>

3,000円

航空祭の時、グッツを買いました。

<ガソリン>

10,000円

最近、ガソリンの値上げが続いています。

我が家、ど田舎、車必須族としては、直に打撃を受けます。

<水道・光熱>

16,543円

暑からず、寒からず、まだ扇風機だけで生きております。

もう少ししたら、冷房も必要になりそうな予感です。

<通信費>

10,582円

内訳は、

 

    • 旦那のスマホ:9,134円

 

    • 私のタブレット:601円

 

    • 私のスマホ(通話専用):847円

 

相変わらず、悪魔のような旦那のスマホ料金となっております。

今月だけの臨時出費

<保育園保護者会>

3,000円

息子の保育園で、年2回(3,000円)の徴収があります。

運動会のプレゼントなどを購入してくれています。

<父の日>

6,920円

両方の父へプレゼントを送りました。

義父は、帽子がボロボロだったので、帽子を。

私の父は、お酒好きなので、焼酎とお酒のセットを送りました。

<ゲームソフト(旦那)>

6,933円

ゲーム好きの旦那が、欲しいゲームがあったらしく、

家計から捻出しました。

<飲み会(旦那)>

5,000円

旦那の職場の飲み会代として、

家計から捻出しました。

まとめ

<生活費合計>

166,662円

今月は、まずまずの結果となりました。

若干、旦那の出費が多いような感じがしますが、

こういうことも見越しての、旦那の小遣いとなっております。

どういうことかというと・・

ななさんの記事でもあるように、

「隠し調整お小遣い」とまでは

いきませんが、同じような感覚で私もやっております。

ななさんの記事はコチラ

旦那は、ウルトラスーパー浪費家な人なので、

財布にお金が入っていれば、入っているだけ

全部使ってしまう習性が治る気配がないのです。

(それは、本人も自覚しています)

職場の周りの人は、小遣いをもう少し貰っているようなのですが、

それは、その人が、ちゃんと管理することができる人だから。

だから、敢えて月々の小遣いを2万円設定にして、

臨時でお金が必要なときに、お金を渡すシステムにしています。

このシステムにしていると、最終着地(年間の旦那小遣い)が、

職場の周りの人とトントンになるように。

こうする方が、旦那本人にとっても、

毎月を2万円で乗り切ろうと努力するし、

欲しいものがあったときは、家計から出すので、

着実に手に入ります。

お金は、しっかり管理できる方が、

ちゃんとコントロールしてあげる。

それも大切なことだと、私は思っています。