「貧乏性」は継承されるのか!?

お金のこと

私の愛読マンガブログ

まめちきまめこ大先生の日常!

その中の一コマ<クピおば、節約魂に終止符を打つ‥>より

25

が!

この後、クピおばの一大決心を

打ち砕く出来事が・・

続きは、<クピおば、節約魂に終止符を打つ‥>へ。

■目次

骨身に染みついた貧乏性

親から、しっかり受け継いだ

今からでも、変えていける

最後に

■骨身に染みついた貧乏性

クピおばに限らず、

私も、がっつり貧乏性であって、

それは、骨身に染みついております。

でも、最近思うのは、

貧乏性って、やっぱ

「貧乏」って名前だけあって

それを続けていたら

やっぱ、現実も「貧乏」になってしまうんだなと

分かるようになりました。

■親から、しっかり受け継いだ

そもそも、「貧乏性」って

親から、物心ついた時から

教わっていて、それが、もはや

当たり前になってしまっているのだなと。

「まだ使えるから勿体無い」

これは、ごくごく当たり前のことだと

思って育ったわけです。

■今からでも、変えていける

でも、成人を過ぎた大人は

これからでも、そういう意識を変えていけるのです。

それが、人間の素晴らしいところ。

■最後に

最近、感じていることは、

「そのままの自分」で

考え方を、ちょっと変えるだけで

人生は如何様にも変えていけるのだということ。

「貧乏性」だったり、

「ネガティブ思考」だったり・・

これは、それまでの環境が

そう思わせていただけで

これから、スイッチを切り替えてあげるだけで

変わっていけるのです。

「そのままの自分」で

そのままの自分を好きになる。

そして、のんびり楽しい人生になるように・・

私は、そちらの道に進んでいこうと思っています。