ミニマム家計簿やってきたい

お金のこと

私が勤めているのは、従業員2名の極小企業。

極小なので、事務所も社長の自宅の一部といった感じ。

社長と40歳男性の従業員と私の3人で

公共事業の設計をしています。

そして、経理関係は、社長の奥さんが

片手間でやってくれています。

社長の奥さんは、おしゃべりなので

「この間の〇〇工事の、お金振り込まれてたわよ~」

「この前の〇〇業者の支払い、振り込んできたわよ~」

そんな感じで、色々教えてくれます。

さらに、税金の話とか、保険の話とか

おしゃべり大好きといった感じです。

私は、個人事業者になったことがないので

そんな支払いまであるんだ~

ちょっと勉強になるな~

そんな感じで、聞いています。

そんな奥さんの話を聞いていて

いつも思うことがあります。

それは、入ってくるお金も大きいけど

出ていくお金も多いな~ってことです。

社長は、自宅のほかにも

何も使っていない土地を持っていたり

付き合いで加入した保険だったり

業者同士の付き合いのお歳暮だったり。

きちんとした明細一覧などは見たことありませんが

話聞くだけで、そんなに固定資産税払っているんですか?だったり

そんな沢山保険に加入してるんですか?

って思うくらい。

地域に密着した個人事業者って大変だな。

私は、経営者ではないから

その支払いの多さに驚いてしまいます。

私が把握できる家計簿はコレ

家計簿

小さく小さく、支出を小さくしていきたい。

そうしたら、何かあったときに動きやすい。

ズボラな私は、支出の項目を増やしたくない。

少ない方が、管理しやすい。

メモ帳で管理している私としては、

電卓を叩く回数を、できるだけ減らしたい。

なんとアナログな人間なんだろ・・

でも、それが、私に合ってる方法だなって思う。

あ!関係ないけど、

そろそろ年賀状の準備もしないとだぁ~

それでは、よい週末を☆