「20代の時、オーストラリア一周したんだよね」ってカッコイイなと。

最近、本田晃一さんという人の

考え方が素敵だなと思って

ブログや本を読んでおります。

■オーストラリアを自転車で・・

本田晃一さんは、若い時

オーストラリアを自転車で一周しようと

出発しました。

そして、自転車で砂漠のような所を

何日もかけて自転車で進んで行ったそうです。

それは、想像するだけで

壮絶で大変だったろうなと感じます。

■途中で断念。

でもね、その壮絶な道のりの

半分来た所で、「もうダメだ」と

自転車を諦めて、現地で車を買ったのだそうです。

そして、車で残りの半分を

進んでいたそうです。

■失敗したという恥ずかしさ。

本当は、オーストラリアを自転車で

一周するはずだったのに、

俺は断念して、車で進んでいる・・

それは、当時、

とても恥ずかしいことだと

感じたのだそうです。

■現地の人との会話で・・

でも、その道中で、たまたま

立ち寄ったバーで、現地の人たちと

話をしている時に、考え方が変わったのです。

それは、この中で、一番面白い話をした奴が

「今夜のチャンピオンだー!」と盛り上がっている時に

こんな話をしたそうです。

「俺は、自転車でオーストラリア一周をしようとしてたけど

日本から来た俺は、オーストラリアは

島だと思っていたんだ。

だけど、自転車で半分まできたところで、

やっと、島じゃなくて大陸だと気付いたよ。

そんで、今、車を買って続きを走っているんだ。

ちなみに、俺、Hondaって言うんだけどね」

そしたら、ドッカンうけてね。

「今夜は、お前がチャンピオンだー!」って言われたんだよ。

■失敗は、笑い話。

本人は、大失敗した!!

とても恥ずかしいと感じることでも、

他人からしたら、ただの笑い話なんだよね。

私は、この話を知った時、

「なんだ、失敗しても大丈夫なんだ」

そして、その話は、

他の人からしたら、

ただの笑い話であって、

「むしろ、楽しいことだったりするんだ」と感じました。

■オーストラリア一周とかさ。

というか、私からしたら、

オーストラリア一周をしようと考えて、

本当にオーストラリアに行くってこと自体が

とてつもなく凄いことだなと感じるわけです。

私は、今30代だけど、

そういう、若い時に、一人で海外に行くとか

尊敬するなと感じます。

■今からだって。

正直、この話を知ってから、

本田晃一さんと比べて、

私は、ちっぽけだなと感じました。

20代の本田さんは、30代の私より

遥かに行動力があって

オーストラリア一周も、途中で

車を買って続けたり・・

で、こんな話も知ったから、

何となく、私も、自分が思ったり

感じたことは、行動しようと・・

そして、先日、ふと「車が欲しい」と感じた

自分の心の声に素直になって

行動してみたわけです。

■お金ってさ。

お金を、ある程度貯めることは

やっぱり大切です。

でも、「今」という時も

大切なのです。

人生を、老後に全て捧げるなんて

それこそ「もったいない」

私は、自分の心の声も聞きながら

お金も貯める。

そんな生活をしていきたいと感じます。

▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪