恥をかいた分だけ自由になれる。

堀江貴文さんのマンガで身につく 多動力

こんなことが書いてあります。

堀口さんの言った通り、高橋のヤツ最強だ。

空気を読まずに、グングン押してくる

ああ、お前も恥をかけ。

恥をかいた分だけ、自由になれる

■誰も関心がない

多動力を発揮することを妨害する

最大の壁は、

「他人は自分のことをどう見ているか?」という感情だ。

だが、結論から、はっきり言おう。

あなたのことなど誰も興味がない。

だからどんなにおかしなことをしたとしても

そもそも関心がないのだから、

周りは気にしないし、すぐ忘れてしまう。

つまり、恥ずかしいと思っているのは

あなただけで、他の人は何も感じてはいないのだ。

こういうことは、前にも本で読んだことがあるけれど

結局は、恥をかく勇気を持てるかどうかなんだなと。

■恥をかく勇気

変なプライドが邪魔をして

恥をかく勇気が出ない・・

でも、結局、恥をかいたところで

周りは、さほど何も感じていない。

■まとめ<恥をかこう>

あなたがどんなに、

みっともない失敗をしたとしても、

いつまでも覚えているひとはまずいない。

そしてそのサイクルはスピードが速い今の時代

格段に速くなっている。

だから、外部の雑音など気にせず

堂々と自分がやりたいことをすればいい。

恥をかけばかくだけ

どんどん恐れるものがなくなっていくもの。

変なプライドなんか捨てて

どんどん恥をかいて

自由になろう。