全てをまんべんなく。苦手の克服が大切だと育てられたことから卒業してみる。

私は、どちらかと言えば、理科や算数が得意でした。

そして、一番苦手な科目は、国語。

国語は、やりたくもないけれど、まんべんなく点数をとることが大切。

そうやって、育ってきました。

私は、今でも、自分が読みたいと思った本は、

興味深く読むことが出来ますが、全く興味が湧かない文章を

読むことは苦痛でしかありません。

全てをまんべんなく。平均以上の点数をとることが素晴らしい。

全てをまんべんなく。洋服のアイテムは、みんなが持っているようなアイテムを

まんべんなく持っていることが大切。

全てをまんべんなく。キッチンにあるアイテムは、これがあると便利と言われる

アイテムをまんべんなく持っていることが大切。

学生時代は、全てをまんべんなく、苦手の克服が大切だったかもしれないけれど、

大人になった今は、もう苦手の克服は諦めてもいいんじゃないかなと思います。

それより、自分が、これは、自分には合っていると思うことに

力を注いで、それを伸ばしていく方が、はるかに素敵だなと思います。

最初は、これは自分には合っていると思って、手に入れたアイテムや

職業を、やっぱり自分には合っていなかったと認めて諦めることは、

すごく勇気がいるし、過去の自分を否定することになるから、

とても辛いことです。

でも、勇気を出して、諦めてみる。

すると、とっても自由な気持ちになることが出来ます。

自分の得意を大切に伸ばしていく。

そっちの方が、人生楽しいと思います。

そして、身の周りにあるアイテムも、自分が本当に使う

お気に入りのものだけにする。

そうやって、自分には合わないと思うものを、勇気を出して

手放していって、自分に合っていると思うものを大切にする。

もう大人になった私たちは、そうやって

得意なことを伸ばしていく。

そちらの方が、残りの人生を楽しく生きられるんだと

私は、思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄