「何にもない部屋」は、子供にとっても遊びやすい。

子育て

昨日、買った飛行機で遊ぶ息子。

IMG_1135

そして、他の自動車も散らかして

好きなように遊んでおりました。

■モノが置いていない部屋。

我が家の寝室は、昼間は

何も置いていない部屋となります。

だから、この部屋を

息子が、オモチャまみれにしても

広い心で見守ることができます。

■モノが多かった頃は・・

昔は、この部屋にも

木製の家具が置いてあって

家具の角で、ケガをしないだろうか・・

オモチャの部品が

家具の後ろに、転がってしまわないだろうか・・

そして「なんで、こんなに

散らかすんだろうか・・」

そういう感情で、いっぱいになって

イライラして、ストレスが溜まっていました。

■ストレスが溜まりにくい。

でも、今の何もない部屋になってからは、

部屋の角に至るまで

オモチャが散らかっても

「すぐに片付けられる」

その安心感から

ストレスの溜まりにくい生活になりました。

■清潔を維持できる。

そして、何も置いていない部屋は、

掃除が、驚くほど簡単です。

家具を、どけると

そこはホコリまみれでした・・

こういうことを、何十回も経験したので

毎日、ホコリのない部屋で

生活できることが、私の幸せです。

■「何もない部屋」

何も置いていない部屋は、

掃除が楽で、

子供にとっても安全で

遊びやすい空間。

そして、ストレスの溜まりにくい

多目的な空間です。

極力、モノを持たないと

収納も少なくて済みます。

その恩恵が、こういう空間を

作り出してくれているのだと感じます。