【押入れ初公開!】老朽化対策をするの巻。

少ないもので生活

我が家には3つの押入れがあります。

1畳の広さの押入れが2つ。

半畳の広さの押入れが1つ。

■目次

 ▶押入れの概念を変えるのに時間がかかった

 ▶やっとここまで来ました。

 ▶老朽化が半端ない

 ▶とりあえず隠してみました。

 ▶最後に

■押入れの概念を変えるのに時間がかかった

数年前は、押入れの荷物以外に

タンスやクローゼット、

プラスチック製の3段引き出しなどが

普通にあって、押入れに荷物を

全部入れるなんて

到底無理な話だと思っていたことがあります。

それだけモノが多かったわけですが、

それらを徐々に減らしていって

家具を減らしていって

押入れの中のモノも見直して・・

押入れの概念を変えることが

やっとできたように感じます。

■やっとここまで来ました。

写真 2017-03-15 11 05 40

これは、普段使っている布団を

収納している押入れです。

下の段のプラスチックケースは、

私と息子の荷物です。

昔は、私の荷物は

もっともっと多かったのですが、

減らして減らして、

ここに収まるだけになりました。

■老朽化が半端ない

プラスチックケースの隣は

今までプラスチックケースが置いてあって

見えなかったのですが、

ケースをどけると、

床の老朽化が半端ないことが判明。

写真 2017-03-15 11 05 52

毎日、掃除をしたくても

ボロボロで色々なものが引っかかるので

どうにかしたいと思っていました。

■とりあえず隠してみました。

なので、とりあえず応急処置。

写真 2017-03-15 11 44 08

わかりますか?

写真 2017-03-15 11 44 45

押入れ用のシートを敷いてみました。

最近、本当に荷物が減って

何も入れるものがないので

アンパンマンゴーを駐車させてみました。

写真 2017-03-15 11 46 32

このアンパンマンゴーも

いつまで家にいるのでしょう。

■最後に

物理的にモノは随分減りました。

それは一気に、そうなったわけじゃなくて

何日も何ヶ月も何年もかけて

減らしてきました。

で、思うことは、

人間生きていくのに

多くのものは必要がないということ。

そして、モノは少ない方が

人生、生きていくのが楽になるということ。

そして、不思議と不安という気持ちが

自動的に減るということ。

そういうことが分かりました。

<人気記事セレクション>

1.お金の不安から自由になるために、今から始めよう

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.私は「下半身ぷよぷよ筋肉不足のカバタイプ」【遺伝子博士】検査結果届きました。