スポンサーリンク

ケチる気持ちが行動力を下げる。

スポンサーリンク

「節約」と「ケチ」の違い・・

「節約」とは、今の自分には

本当に必要がないものを削る作業。

「ケチ」とは、自分の感情よりも

お金を手放したくない気持ちから起こる現象。

私は、こういう解釈をするようにしています。

■本当に必要がないもの

例えば、貯金が貯まってきたし、

それまでの保険は「そこまで必要がないな」と

感じるから、保険料を下げるとか。

このサービスは、もう使っていないから

「解約しよう」とか。

食べきれるだけの食材を買うとか。

本当に必要がないものを削ることで

よりスマートな生活を手に入れることができます。

■ケチる気持ち

友人の結婚式で、普通3万円包むところ

ケチる気持ちが働いて、2万円包むとか。

本当は、欲しいと思うものでも

自分のために、お金を使うなんて

「もったいない」

自分の感情よりも、「お金」が大切。

私は、そういうのも「ケチ」なんだと

感じるようになりました。

■「節約」のおまじない。

最近の日本は、何でもかんでも

「節約」という言葉を使えば

美しい美学のような扱いをしているけど、

「本当に、そうなのかな?」と感じます。

最近、テレビなどのメディアで

「節約、節約」って

持ち上げるから、

自分のために、お金を使ってあげることが

まるで「良くないことなんじゃないか?」って

錯覚させてしまっているように感じます。

■自分のために「お金を使う」

例えば、「ブログを始めたい」と思うけど

本とか買うのって、失敗した時

「もったいない」から

ブログを始めないでおこうとか。

本当は、あっちの方が良いなって思うけど、

「安い」こっちの方で我慢しようとか。

そういう自分のために

「お金を使う」ことを

排除し続けると、

どんどん、自分よりも

お金の方が優先順位が上がってしまいます。

■お金との良い関係。

昨日の記事でも書いたのですが、

お金とは「喜び」なのです。

昨日の記事はこちら

お金って「人を喜ばせた量」なんだね。

人を喜ばせるから、お金が入ってくる。

喜ばせてもらったから、

お金を「お礼」として渡す。

これが、本来の「お金」の姿なのです。

なのに、ちょっとでも、お金を手放さずに

自分の感情なんて、二の次、三の次。

これでは、あまりにも自分が

可哀想だなと。

「もっと、自分を大切に」

そうすることで、その他の

色々なことも上手く回り始めるのだと

私は感じます。