お金が貯まらない人の「貯められない深層心理」

江戸っ子の言葉で

「宵越しの金は持たねえ」っていうのがあります。

これには、諸説ありますが、

当時、大火事が頻発していて

燃えてなくなるくらいなら使ってしまおう。

■取られるくらいなら使ってしまおう

この他にも、日雇い労働の人が集まる街の人は

その日に貰った給料を、

その日のうちで使ってしまうのだそうです。

それは、そういう街にいて、

お金を持っているってバレると

お金を取られちゃうんだそうです。

だから、取られるくらいなら

使ってしまおうというわけ。

■貯金はなくなっちゃうと思っている

「お金は、燃えてなくなる」とか

「お金は、取られちゃう」とか

そういう風に思っている人は、

まず貯めようって思わないんです。

■お金の設定

こんな風に、自分で決めたお金の設定っていうものが

自分では気づかないけど、

みんな、それぞれにあるんです。

ちなみに、私の独身時代の

お金の設定は、27歳くらいまで

貯金した方がいいのかな!?って思いつつ

「今、楽しい方がいい」

「今の自分に投資した方がいい」

「このモヤモヤした気持ちを晴らしたい」

そのため、貯金は二の次でした。

■貯金したい理由

漠然と「お金貯めたいなぁ」だったら

正直、あまり貯まりません。

やっぱ、人って

それまでの習慣を変えるのに

それなりの理由が必要です。

ちなみに、私は、

「お金から解放されたい」っていうのが

私の希望なわけです。

■お金の設定を変えていく

お金が貯まらない人って

やっぱり、どこかで

お金の設定が

「貯まらない」というか

「貯めなくていい」というか

「貯めたくない」というか

そういう設定になっているんです。

(私が、そうだったから)

だから「まずは100万円を貯めてみよう」

<関連記事>

100万円が貯まっている頃には、

私は、

「貯められる」とか

「貯めていいんだ」とか

「貯金ってなくならないんだ」とか

そういう風に、お金の設定が

変わってくるんです。

「お金の設定を変える」って

とっても大切です。

▽いつもクリックありがとうございます▽

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」