寂しさを「お金で埋める」から貯まらない。

お金のこと

独身時代の私は、

しょっちゅう飲み会に行ったり、

ふらっと、買い物に出かけて

買う予定もなかった服を買って

帰ってきたりしていました。

飲み会の間だったり、

買い物をしている間は、

それなりに楽しいのです。

なのに、家に帰ってくると

なんだか寂しい。

そんな感じでした。

■満たされてない

飲み会で、アルコールが入って

くだらないことで盛り上がって

その時は、なんとなく幸せを感じるんです。

そして、見た目より高そうに見える服を買った時も

得した気持ちになって、

きっと、これで私も幸せになれると感じるんです。

でも、それって、

飲み会の時がピークで

買い物をしている時がピークで

結局は、その時が終わると

満たされていない自分がいました。

■満たされないから、また・・

あれ?おかしいな・・

私は、幸せになれるはずだったのに

まだ、心にポッカリ穴が空いているよ。

やっぱ、まだ足りなかったのかな。

じゃあ、もっと飲み会に参加して

買い物をしよう!

■寂しさをお金で埋める

今になって、客観的に見ると

なんて愚か者なんだと分かるのですが、

当時は、「きっと、これで幸せになれる」と

本気で信じていました。

でも、それって、

寂しさをお金で埋めようをしていただけで

気づけば、お金はすっからかんなのに

幸せになってないんですよね。

■心をちゃんと埋める

自覚は、あまりないけど

「欠乏感」があると

無駄にお金を使ってしまいがちです。

だから、お金を整えることも大切だけど

自分の心も、ちゃんと埋めてあげることが

大切です。

■まとめ<楽しく貯金するために>

本当に欲しいものや

大切な人たちとのコミュニケーションのために

お金を使うのは、とても良いことです。

でも、飲み会や買い物をするとき

自分の心の寂しさを埋めるために

お金を使っていないだろうか?

お金を楽しく貯めていくためには、

家計簿をつけることだったり

収入を上げることも大切だけど、

「自分の心が、満たされている」状態っていうことも

楽しく貯金するために

大切なことなのです。