【貯金術】どんなに収入が少なくても貯金ができる方法。

貯金と聞くと、

・何か欲しいものがあるからとか

・どこかへ行きたいからとか

そういうのを連想します。

そういう貯金も

とても良いのですが、

それよりも優先的に考えた方が良いのが

「自分を守るための貯金」

■自分を守るための貯金

自己投資にお金を使うことも大切だけど

生きていたら色々なことがあるから、

その時、自分を守ってくれるお金。

こういうお金があると

自然と心に安定が生まれます。

こういう守ってくれているお金がないと

お金のために働かなければいけないって気持ちになって

本当の自分の気持ちが分かりづらくなってしまいます。

■貯金をするために

私も、独身時代は

全く貯金ができていませんでした。

それは、毎月、自分が何にお金を使っているのか

知らなかったから。

ATMでお金を引き出して

そのまま財布に入れて

現金で支払ったり、クレジットカードで支払ったり。

財布がレシートでパンパンになれば

そのままレシートはゴミ箱にポイ。

クレジットカードの明細は

身に覚えのないものがないかチェックする程度。

これでは、やはり自分が何に使っているのか

分かるはずもないのです。

■一度、全てを把握する

なので、貯金をするためには

まず、自分が何にお金を使っているのかを

全て把握することが大切です。

家計簿をつけて分かることって、

例えば・・

・一番、お金を使っていたのはチョコチョコ買いだった

・通信費が、収入に対して高すぎる

・住居費が、収入に対して高すぎる

・光熱費を節約しているストレスで服を買いすぎていた。

・化粧品代が高すぎる

全体が見えて、初めて分かることって

結構あるものです。

■何を削るか

収入の全てを、

毎月全部使ってしまうということは

気づかないうちに「お金の奴隷」になってしまっています。

どういうことかというと、

毎月働かなければ生きていけない。

これでは、お金のために

どんなことがあっても働かないといけないわけで

まるで、お金の奴隷と変わらないわけです。

だから、毎月収入の1割で良いから

貯金するって、とても大切です。

そのときに重要になるのが

先程ご紹介した、1ヶ月の全ての支出です。

これを見て「何かを削らないといけないんだ」

そう、客観的に見るって

とても大切です。

■まとめ

やみくもに、食費や光熱費を削ろうとすると

変にストレスが溜まって

ドカ食いをしたり、意味不明な洋服を買って

不必要な出費に繋がります。

昨日の記事でも書きましたが、

全く節約をしようとしなかった光熱費は

どえらいことになるのか!?と思いきや

そうでもないというね。

だから、一度全体を把握して

客観的に支出について考える。

そして、変動費ではなく

固定費にスパンとメスと入れる。

そして、その削った分は全て貯金をする。

「自分のために1割は貯金」

これは、自由で楽しい人生にも繋がる

大切なことだから。