スポンサーリンク

お金を貯めている人は、「自分はこのくらい」と自覚している。

スポンサーリンク

テレビなどで、「セレブ」という表現を使って、

大豪邸に住み、高級車に乗っているような人を、

資本主義における勝者という印象を与えるような

番組を見ることがあります。

そういう番組を見ては、「いつか私もセレブになってみたいわ」

「いつかオレも、ああいう生活をしてみたいな」

そういう感情を煽るような

そんな印象を受けます。

でも、そういう生活の先には、

私が望むような生活があるのかなと思うようになりました。

例えば、大豪邸や高級車にかかる維持費や、

それに似合うような服装、食事、教育費を維持するために

一体どれだけの時間とお金が必要になるのかと想像するだけで、

物凄いパワーが必要になるんだろうなと感じるようになりました。

私は、そんな途方もないパワーが必要になるような

生活をすることが、自分の幸せではないと思っています。

今、読んでいる年収300万円でもお金持ちな人、年収1000万円でも貧乏な人

こんなことが書いてありました。

お金を貯めている人というのは 、ある意味 「分相応 」をわきまえている 、というか 、自分はこれで 「事足りる 」というような 、満足できるレベルをきちんと知っています 。自分の欲望にブレ ーキをかけることができるのです 。 「地に足がついている 」とでも言うのでしょうか 。 「自分はこのくらい 」ということを自覚しているのです 。そして 、満足しているから 、特にムリもしない 。ムリをしていないから 、その状態が長続きするというわけです。

年収300万円でもお金持ちな人、年収1000万円でも貧乏な人

横山光昭(著)

贅沢をしようと思えば、果てしなく上の世界は広がっていきます。

ファーストクラスで、アメリカに行って、高級ホテルに泊まれば、

余裕で、我が家の年収を超えていくでしょう。

私は、そういうことに、幸せを感じません。

そうではなくて、私は、このくらいが、自分には合っている。

背伸びをするわけでもなくて、このくらいの生活が、

むしろ良い。安心する。

果てしなく、沢山のお金がないと生きていけないような、

そんな生活は、私にとって、苦行のような感じがするのです。

私は、自分が楽しいと思いながら、

家族が、困らない程度のお金を稼いで、

小さくて、ささやかだけど、幸せのある生活。

そして、そういう生活をしていく上で、

しっかりお金が貯まっていく。

そちらの方が、ずっと私は、幸せを感じることができます。

そうする方が、お金にも、自分にも余裕が出来てきます。

私は、これからも、自分の満足できるレベルを知り、

「自分はこのくらい」というラインで

楽しく生きていきたいと思います。

👇応援ポチ、励みになります✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ブログの感想などは
👇インスタのDMで待ってます❤️

👇応援ポチ、励みになります✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ブログの感想などは
👇インスタのDMで待ってます❤️

お金のことお金持ちの思考回路
スポンサーリンク