10円の節約のために「ストレス」を溜めてはいけない。

お金持ちの思考回路

私は、貧乏性の強いところがあります。

それは、これまでの30数年の間に

血、肉に刻み込まれており、

実際には、ちゃんとお金が入ってきているのに

「なんか不安」という感情が勝っていたからだと思います。

■目次

 ▶ジップロックを何十回も使いまわす。

 ▶でも、ジップロックは1枚10円くらいだった・・

 ▶節約とは?

 ▶30円のために30分をかけない。

 ▶最後に

■ジップロックを何十回も使い回す。

58

私は、これまでジップロックを

何十回も使い回ししていました。

それは、「節約のため」だと思っていました。

肉などを入れていたジップロックは

スポンジに洗剤をつけ、入念に洗い

丁寧に布巾で水分を拭き取り、

それでも、全体的に湿っているので

吊るして乾燥させていました。

■でも、ジップロックは1枚10円くらいだった・・

「私って、節約頑張ってるでしょ?」って

思っていたのですが、

よくよく考えてみると、ジップロックって

16枚入りで200円もしないのです。

(私が行っているスーパーの価格で)

つまり1枚10円くらいだったのです。

それに対して、会社員時代の私は、

時給1200円くらいだったので、

単純計算で私の1分は20円。

それに水道代、洗剤代を考えると

完全に赤字。

そして、自分の心に手を当てて考えてみると

ジップロックを乾燥させるために吊るしている

光景も好きじゃなかったし、

ジップロックを丁寧に洗うのも楽しくなかったのです。

■節約とは?

私が、これまで「節約だ!」と思っていたことは、

全然節約じゃなかったのです。

むしろ、「なんか不安」の感情で

「節約だ」と言いながら

ストレスを溜め込んでいたのです。

■30円のために30分をかけない。

お金が貯まる「体質」のつくり方にも

書いてあるのですが、

たった30円のために30分をかけるのは、

あまりにも効率が悪すぎます。

例えば、30円安い食材を買うために

30分かけてスーパーのはしごをするとか・・

この場合、本当に暇で運動のために

好きで30分かけてスーパーのはしごをするという理由なら

それは、それでアリなのかもしれませんが、

単純にお金のために辛い思いをしてやっているのなら

その30分をもっと有意義に使うべきなのです。

■最後に

昔は、「もったいない」の気持ちばかりが

心の中を占領していて、

何が本当に大切なのかが

よく見えていませんでした。

でも、最近、そういうことにやっと気づいて

ジップロックは使い捨てすることにしました。

すると、キッチンが更にスッキリして

「ジップロックを洗わなければいけない」から解放されて

幸せで嬉しいなと感じるようになりました。

「なんか不安」という感情もなくなり

「お金って、本来こうやって使うんだよね」ということが

ようやく分かるようになってきました。