【私なりのお金の使い方】年200万円を貯めたから分かったこと。

片付け界ではカリスマすぎる「こんまりさん」。

この「こんまりさん」の新刊マンガで読む人生がときめく片づけの魔法を読みました。

■目次

 ▶初心に戻る。

 ▶私が実現させたい暮らし。

 ▶家計や部屋を片付けることで「心も片付いた」

 ▶お金があればできること。

 ▶最後に

■初心に戻る。

こんまりさん(近藤麻理恵さん)と言えば、

何と言っても「ときめくか、ときめかないか」で

モノを搾取すると思っていました。

でも、このマンガの冒頭で

こんまりさんは、片付ける前に

「理想の暮らしを考える」ことを宿題に出します。

片付けうんぬんの前に、

どういう暮らしがしたいのか・・

そこが大切だと言われます。

■私が実現させたい暮らし。

私は、既に色々な本などを読んで、

断捨離は、ほぼほぼ終了に近づいています。

だからこそ、「理想の暮らしとは?」と

聞かれると、「そういえば、どんな暮らしなんだろう」と

立ち止まりました。

■家計や部屋を片付けることで「心も片付いた」

私は、この数年間で、家計を見直し

部屋のモノと一つ一つ向き合ったことで、

心の中にあった「わだかまり」のようなモノも

少しずつ片付いてきました。

で、どんなことが起こったのか・・

それは、モノがごっそり減った上に

口座の預金がグイッと増えて、

心の中に、穏やかな風が吹くようになりました。

■お金があればできること。

ドス黒くて、前がよく見えなかった数年前から

比べると、随分と良くなったと実感するし、

もうリバウンドすることはない。

そんな感じがしています。

で、冒頭の「理想の暮らしとは?」の質問なのですが、

私は、これから、上手くお金を流していける

そんな人になりたいなと考えています。

お金は、口座の中にあるだけでは

ただの紙切れですが、自分を成長させるために

お金を使い、それを沢山の人に

発信することで、沢山の人に

幸せになってもらいたいなと。

そんな、穏やかな暮らしが

私の理想の暮らしだなと感じました。

■最後に

お金って、流れているものなのです。

自分の中に留めて、貯め込んでも

あまり力を発揮してくれません。

なんか、独身時代も同じような

思考回路だったような気もしますが、

あの頃とは、根本が変わっています。

それは、この数年間でしっかり貯めたお金というのもあるし

しっかり固めた基盤みたいなのもあるし、

燃費の良い生活の仕方も身につきました。

なので、自分も幸せになれるし、

周りの人も幸せにできる

そんな穏やかなお金の使い方をしつつ、

みんなが幸せになれる

(もちろん読者さんたちも含めて)

そんな穏やかな暮らしが理想だなと思います。

ランキングに参加しています

▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ