「ダメな自分」でも良いって自分が認めてあげること。

「すごい何かに、ならなければならない」

「もっと凄いって言われることをしなければいけない」

「このままじゃ、ちっともイケてない」

そうやって、自分の中に

凄い私を作り出していました。

■もっと凄い自分

今の自分は、全然イケてなくて、

もっと凄い自分ならイケている。

この設定にしていると、

正直、どこまでも、どこまでも

走り続けなければいけない。

■勇気がいる

今の自分は、ちっともイケていない設定で

長らくの間、生きていると、

今のダメな自分を認めてあげるって

とっても勇気がいります。

むしろ、もっと!もっと!と

思っている方が楽だったりします。

■自信

でも、それでは、

どこまでも自信なんてつきません。

「今のダメな自分でもいい」

それを認めてあげることで

初めて自信ってつくんだなと。

■失敗してもいい

「失敗が怖い」

そう思うけれど、

失敗したっていいじゃない。

それも自分。

その失敗を

笑い飛ばせること。

それが自信に繋がります。

■まとめ<生きていればいい>

「活躍していないと価値がない」

この世界観で生きていると

とても辛くなってしまいます。

「生きていればいい」

むしろ、生きているだけでいい。

そして、自分が好きなように生きればいい。

こちらの方が、

断然、人生がうまくいくし

どんどん楽しくなっていくものです。