失敗した自分でもOKが出ると、人生楽しくなる。

本田晃一さんのはしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法

こんなことが書いてあります。

失敗って、自分が思っているほど悲惨じゃなくて、

人に話して笑い話にしてしまうと、

自分も一緒に笑えて、ダメな自分をふわっと許せるんです。

■失敗は恥ずかしい

私は、長らくの間

「失敗は恥ずかしい」

だから、絶対に失敗したくない。

だから、もし失敗したとしても

その失敗を認めたくない。

もっと言えば、自分が失敗したことなんて

人に言うなんて、ありえない。

そんな感じでした。

■人の失敗

それなのに、人の失敗を知ると

めっちゃ親近感が湧いて

むしろ大好きになる。

だけど、自分の失敗は

ひたすら隠したい。

これって、なんだか変な話だなと。

■ダメな自分も好き

多分、私自身が

ダメな自分は「ダメ」って決めていたし、

ダメな自分は、受け入れられないって

自分で決めていたんです。

でも、そうじゃなくて

「ダメな自分も好き」って思う。

■笑い飛ばせばいい

他の人の失敗した話で

その人を軽蔑したことなんてありません。

むしろ、そんな一面もあるんだと分かって

好きになって、その失敗を一緒に笑い飛ばしてしまいます。

だから、自分の失敗も

むしろ、良い笑い話が出来たくらいで

ダメな自分も許してしまえばいいんだ。