【人間の断捨離】一緒にいて、かえって疲れる人とは会わなくていいことにしよう。

幸せな生き方

girls-1487825_640

独身時代は、とにかく人脈を増やそうとしていました。

mixiとかfacebookで友人が100人とか200人いる知り合いを見ては、

私は、なんて人脈が少ない人間なのだろう。

「私が、努力していないからだ」

「私が、積極的ではないからだ」

「私が、社交的でないからだ」

私は、なんて出来損ないな人間なのだろうと思っていました。

私は、修行が足りない出来損ない

だから、人付き合いが苦手な私は、

とにかく、偽りの自分でサイボウグのように

人脈を増やす努力をしました。

その中には、自分と息があって、一緒にいて楽しい人も、

もちろんいるのですが、どうも、私とノリが違うと

薄々感じながらも、私が、出来損ないだから、

そう感じるのであって、修行が足りないと思っていました。

 無理に合わせる必要はない

先日、ツイッターでこんなメッセージを頂きました。

メッセージありがとうございます。

私も、まさにこんな感じでした。

でも、30代半ばになった今でも、

どうも苦手だと感じる人は、やっぱりいるものです。

そういう感情って、相手も同じように感じているものです。

だから、一緒にいて疲れる人と、無理に会わなくてもいいことにする。

そう思うと、心が軽くなります。

世の中、自分に合うと感じる人はいるものだ

そして、世の中、沢山の人間がいるのだから、

一緒にいて、気が楽な人と一緒にいればいいのだと

私は思います。

第三者から見た時の見た目や、

その人といることで得られる損得勘定よりも、

その人と一緒にいる時の「自分の感情」

これを最優先にした時、心はスッと楽になる。

それが、本当の友達なのだと私は思います。

いつもの自分。

素直な自分。

それが出せるから、また会いたいと思うもの。

楽しく生きればいい

幅広い人脈が欲しいと思う気持ちも大切だけど、

人生、そんな長くない。

それならば、残りの人生、一緒にいて楽しいと思う人と

ゲラゲラ笑いながら過ごせばいいのだと思う。

自分が、楽しい。そう思って生きている人の周りには、

その波動に乗って、同じような波動を持った人間が集まってくる。

だから、無理に、違う波動の人と仲良くなろうと思わず、

ただひたすら、自分が楽しいと思う選択をしていくことが

やがて、「楽しいの波動」が大きくなって

幸せになっていくのだと思います。