良い嫁を演じる必要はないと思う。「頑張り過ぎない」ことが大切。

世の中の大半のお嫁さんは、義両親(特に、お姑さん)に気を使っているんだと思います。

私も、その中の一人。

電話一本かかってこようものなら、全神経を使って対応にあたります。

そして、義実家に行こうものなら、帰る頃には、クタクタになってしまいます。

それでも、義実家に行きたいと思う理由は、

私の場合、旦那のお祖母さんと、凄く話が合うからです。

お祖母さんは、90歳を越しているのに

ピンピン元気で、茶道の先生を自宅でされています。

私は、そんな、お祖母さんがとても大好きです。

お義母さんのことは、特に、好きとか嫌いといった感情はありません。

ただ、気を使う存在といった所です。

お義母さんは、「連絡は、お嫁さんのする仕事よ!」そんな考え方の人なのですが、

それは、そちらの考え方であって、私は、そんなことは、あまり気にしません。

これは、結婚当初から一貫していて、あまり連絡をしない嫁で通っていると思います。

私の友達に、頑張って、お姑さんと仲良くしようとしていた子がいます。

まめに、電話やメールをして、義実家に長い期間行ったりしていました。

でも、あるお正月に、頑張って早い段階から義実家に行って

不器用ながらも、手伝いを頑張っていたのに、彼女がいない所で

「遅く来た義兄の奥さんは、優秀なのに、彼女は、何も出来ない」といったことを

みんなのいる所で、笑い話をしていたのを、たまたま聞いてしまったらしく

あまりのショックで、家から飛び出してしまったそうです。

その一件以来、彼女は、義両親と、ほぼ絶縁状態らしいです。

その彼女が言っていたことは、あんなに仲良くなろうと

頑張らなければ良かった・・

「ハピちゃんみたいに、付かづ離れずくらいでいれば良かった」と言っていました。

結婚して、義両親や親戚との付き合いって、難しいなって

つくづく思います。

近づき過ぎず、離れ過ぎず・・

ただ、私が、心がけていることは

「頑張り過ぎない」ということ。

頑張りすぎると、自分の神経もすり減らしてしまうし

関係が近づき過ぎて、後で、取り返しがつかないくらい

頼られてしまっても困ってしまいます。

私の友達のように、頑張りすぎると、こんなに頑張っているのに!

といったこともあるかもしれません。

自分が相手を思っている感情と、相手が、自分のことを思っている感情って

ほぼ同じだと思っていいと思います。

自分が好きな相手は、大抵、相手も、同じような感情を抱いているし

その逆もまた然りです。

その自然な感情を、無理に変えようとするから

どこかで歪みが出来てしまうんだと思います。

世の中の、全ての人と仲良くなろうと思わなくてもいい。

そう思って、生きる方が、人生、楽だと思います。