【お金が貯まりにくい理由】自分に自信がないから。

お金が貯まりにくい理由って、

色々あります。

・そもそも自分が何に

いくら使っているのか知らない。

・分かったとしても、

どうやって貯めたらいいか分からない。

・貯めるシステムを作っても貯まらない。

■順調に貯めるために

全然お金が貯まらない人が

お金を貯めたいと思った時

最初にやることは、

毎月、自分が何に使っているのか

「知ること」から。

家賃・保険料・光熱費・食費

娯楽費・通信費・交通費・ローン返済・・

全ての支出の総額が

一体いくらなのか。

まずは、知ることって

とても大切です。

■貯めるシステム

毎月の支出を知ったら

貯めるシステムを作ります。

手取り20万円の人だったら

18万円で生きることが出来ないだろうか。

そのためには、

どうすれば良いのか。

どの費用を削ればいいのか。

手っ取り早いのは、

固定費を下げること。

■それでも貯まらない

貯まるシステムを作っても

それでも貯まらない。

その原因の主な理由は、

特別費という名の支出であることが

往々にしてあります。

↑この記事でも書いたけど、

気を許すと、とめどなく増えていく特別費。

毎日の数百円を頑張っても

ドカンとやってくる特別費。

そういうのも見越して

普段の生活は、想定より

もう一段階下げて、余裕のある設定が

やはり、貯まりやすい体質になっていくもの。

■自分に自信がない

そして、特別費と紛れ込んでいる

とある支出。

それは、自分に自信がないから

引き起こされる支出。

・何となくモノを買ってしまう。

・これを買えば幸せになれそうな気がする。

・これを買えば凄いって思って貰えそうな気がする。

そうやって、心の隙間を

モノやお金で埋めようとする。

こういう支出って、やっぱり

根本の自分を見直していくことが

解決の大きな道筋なんだなと。

■まとめ<お金と心の関係>

お金って、自分の心と連動している所が

たくさんあります。

(私の経験上)

やっぱり、どんなに節約を頑張っても

心がスカスカだと

変なところでお金を使って

全然貯まらないものです。

そして、たとえお金が貯まっても

心がスカスカだと、

それは幸せとは感じないわけで・・

貯金生活は、自分と向き合うことと

直結していて、

「自分は、本当は、どうしたいのか?」

周りがどうだからとか

世の中的には、どうだからとか

そういうのは考えないで

自分の本当の気持ちと向き合っていく。

そういうことも大切なんだなと。