「アイツ付き合い悪いよな」そう言われるのは一瞬だった。

幼い頃、家で、母や祖母が話していた内容。

それは・・

「近所のあの人が

こうこうで、全く常識がなってない」

「親戚のあの人の子供は、

大手企業の就職したらしい。

それは、凄いわねぇ」

そういうのを横で聞いて

そうか、あんなことをしたら

周りの人から、こんな風に言われるんだ。

そうか、一生懸命勉強して

いい学校に行って、いい会社に入れば

凄いわねぇって言われるんだ。

そんな風に思って

私は、そういう風にしようと

いい子でいようと思っていました。

■アイツ付き合い悪いよな

そして、社会人になり、

飲み会に誘われていくと、

その場にいない人の話になり

「アイツ付き合い悪いよな」

そんな風な会話を聞くことがありました。

その時、私も、誘いを断ると

影で、こんな風に言われるんだ・・

そう思いました。

■出費がかさむ

飲み会は、確かに楽しい時もあったし

そんなに楽しくない時もありました。

そして、1回の飲み会で

4000円とか、普通にぶっ飛んでいました。

それでも、飲み会は誘われたら行かないと。

普段、頑張っているんだし

ストレス発散だよね。

そうやって、いつしか

私の中でも、

飲み会に誘っても来ない人は

付き合いの悪い人のジャンルに入れるようになりました。

■言われるのは一瞬

そんな独身時代を過ごしていたわけですが、

振り返って、当時のことを考えてみると、

「アイツ付き合い悪いよな」

そんな風に言われるのって

一瞬だったんですよね。

翌日、職場で、その人に会って

どうこうとか、

そういうのって全くないんですよね。

■まとめ<自分の気持ち>

結局、何を言いたいのかって

本当は、お金もかかるし

そんな行きたくないけど、

影で「付き合いが悪い」って言われたくない。

そうやって、自分の気持ちより

周りの評価を気にして

そちらを優先させ続けてきたから

最終的に、自分の本当の気持ちの声が

分からなくなってしまったんだよね。

さらに言えば、「付き合いが悪い」って理由で

去っていく人って、それまでだったんですよね。

何が一番大切なのか・・

それは、自分の気持ちだったんだな。


ランキングに参加しています😆
👇ぜひポチッと応援お願いします✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

ランキングに参加しています😆
👇ぜひポチッと応援お願いします✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

幸せな生き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク