家計簿をつけたからって「貯まるわけではない」

私は、独身時代

全く家計簿なんてつけたことありませんでした。

家計簿をつけるようになったのは

結婚してから。

浪費家の旦那と、浪費家の私が

話し合いの末に、私が全部管理すると

決めてから、私は、毎月、

何かしらの形で家計簿をつけてきました。

手書きの時もあれば

エクセルの時もあれば

家計簿アプリの時もあります。

■家計簿をつけたからって

それで分かったのは

家計簿をつけたからって

お金が貯まるわけではないということ。

何の対策もせずに始めた

一番最初の家計簿・・

(それは、それは、凄まじかった・・)

こんなに毎月使っているのか!?

自分の愚かさに

初めて気づいた時でした。

■見えてくる無駄遣い

2、3日前くらいのことは

人って覚えているんですが

2週間前のことって

あんまり覚えていないんですよね。

だから、1ヶ月分を

全部集計すると、

そのチリつもの金額に仰天というわけで・・

そうか、私、月の前半で靴を買って

美容院に行って、月の後半で服を買ってたんだ。

その何気ない支出の合計金額は5万円とか・・

(なんてこったい)

それにまみれて

ちょこちょこコンビニやカフェの支出もあって

それは、それは、大変なことに。

■習慣を見つめ直す

お金が貯まらないのには

必ず理由があります。

それは、収入に対する支出の割合が

おかしいから。

・そんなにスーパーで買う必要があるのか

・そんなに飲み会に行っても大丈夫なのか

・そんなに洋服を買う必要があるのか

習慣の積み重ねで

お金の収支も変わってきます。

■まとめ<色々整理する>

お金が貯まらないのは

色んなことが、とっ散らかっているから。

・周りから凄いって見られたい

・心が寂しいから、買い物をして解決したい

・もっと、もっと洋服も靴も欲しい

・もっと、もっとお金をかければ綺麗になれる

こういう深層心理があって

本能に従って、お金を使うと

お金は幾らあっても足りません。

だから、家計簿をつけて

自分の深層心理に向き合うことで

「傾向と対策を考えること」

傾向と対策を練るために

家計簿があると便利で

家計簿をつけたからって

別に、お金が貯まるわけではないんです。

でも、最初のとっかかりとして

家計簿があることで

自分を見つめ直すことができるんだなと思います。