【がんばらない家事】そもそも家事をしなくても良いを目指す。

読んだ本のこと

ライブドア公式ブログ

Happy Livingの大塚奈緒さんの書籍

「がんばらない家事」を読みました!

奈緒さんとは、2016年のライブドアブログ忘年会で

初めてお会いしました。

1年半前の忘年会で

はじめましてだったのに、

とてもフレンドリーに話しをしてもらったことが

とても嬉しかったことを

今でも覚えています。

そして、私の本のことも

素敵に紹介してもらいました!

■がんばらない家事

そんな奈緒さんの著書

「がんばらない家事」は

家事を頑張りたくても

頑張れない人のための本。

人には向き不向きがあるんですよね。

それなのに、できる人になろうとする

それが、そもそもの間違いなんだなと。

だからこそ、奈緒さんの本はオススメ!

(奈緒さんのプロフィール:家事を合理的にこなすことに執念を燃やす主婦

↑私、個人的にこう言うの大好きです。

■がんばらないためのルール

まず、基礎編として

家事をがんばらないためには

3つのルールがあります。

その3つのルールとは・・

1、モノを少なくする

2、やらない方向で考える

3、ラクする方向で考える

世の中、頑張ろう系の本が多い中

私は、こういうのめっちゃ好きです。

どこまで頑張らないんかい!って

ツッコミを入れたくなりますよね。

■モノを少なくする

「モノを少なくする」は

やっぱり基本中の基本。

ここは、さすがに攻略しないと

絶対にがんばらない家事は実現しません。

私は、この中でも

「捨てルールチェックシート」が

かなりお気に入り。

IMG_3659

中級に書いてある

・オシャレな友だちと会う時に

着ていけないと思う痛い服

これは「まさに!」と思うわけです。

服って、そもそも

そんなに沢山は必要じゃないんですよね。

お気に入りが少しだけあれば

それで十分だったりします。

■やらない方向で考える

この辺りも奈緒さん節が

炸裂しているけど

・家電に頼って、家事は極力やらない

・掃除が面倒なものは使わない

・使い捨てを駆使する

合理性を求めていったら

最終的に辿り着くのは

こう言う事なんですよね。

家事という時間を極力減らす事で

「自分時間を作る」

現代女性には大切な考え方です。

■ラクする方向で考える

本文中より

家が散らかりやすい人の中には、

完璧主義で真面目な人がかなりいます。

「こうしたほうがいい」ことを

「こうしなければならない」と思い込んでしまっている事が多いのです。

例えば、

ペットボトルや段ボールは

資源ゴミでなければならない。

でも、案外、燃えるゴミや

燃えないゴミとして出しても良かったりするものです。

■まとめ<視野が広がる本>

「がんばらない家事」は、

読むだけで、これまでの既成概念を

打ち砕かれます。

日本の素敵な奥さんとは、こういうものだ!

そんな風に頭がガチガチで

・家事って大変

・家事って面倒くさい

・本当は、家事なんてしたくない

こんな風に思う私は、最低だ・・

そんな風に思う必要なんてないんだ!

もっと自由に生きていいんだ!

そんな元気がもらえて

具体的な解決の糸口が見える本。

オススメです^^