豊かな年金生活をおくるために必要なこと。

お金のこと

私は、結構dマガジンで

色んな雑誌を読みます。

それで最近気になった記事は

週刊現代7月7日号の記事。

■現在の年金事情

リタイア直後は、月30万円ほどの

支出があったという岡田さん。

しかし、毎月の年金は25万円。

みるみるうちに残高が減っていったそう。

そんな岡田さんの現在の月の収支は

んな感じ。

IMG_3658

■私が思ったこと

私は、この家計表を見て感じたことは

2つあります。

その2つとは・・

・私たち(30代)の年金は、こんなに出ない。

・リタイア後は、自分の家があったほうが良い。

■年金は、こんなに出ない

現在70代のご夫婦の年金事情。

これはこれで、とても参考になります。

でも、私たち(30代)は、

こんなに年金は出ない事を忘れてはいけません。

おそらく、月15万円くらいかなと

(あくまで私の予想)

だからこそ、私は、若い今のうちから

・少ないお金でも豊かに暮らせる技術

・運用をして年金以外からの収入を得る

この2つが大切かなと感じます。

<関連記事>

現役時代から、お金を使うところでは使う

使わないところでは使わないのメリハリを

しっかりして、

若いうちから長期的な視野で

お金を運用しておくことで

年金+αを得られるようにしておくことが

大切だなと。

■リタイア後の住居

また、岡田さんの家計表では

住宅費が安くなっています。

これは、ローンが完済するなどして

管理費だけが残っている状況かなと。

家計表で最もウエイトを占めるのは

何と言っても「住宅費」

これが年金暮らしになっても

大きいと、その後がとても大変になります。

私は、旦那がリタイアしたら

手頃な中古住宅でも買おうかと思っています。

<関連記事>

中古であれば1000万円程度で買えるものもあります。

その時のためにも

今は、貯蓄&運用に力を入れたいなと。

■まとめ<賢い老後のために>

私たち(30代)が年金をもらう時には

今の高齢者のようにはいきません。

でも、そうは言っても

やっぱり、豊かな老後生活を送りたいじゃないですか。

だからこそ、若いうちから

・少ないお金でも豊かに暮らせる技術

・お金を運用する技術

この2つを育てていく必要があるのです。