【住居費って高いよね】支出の大きな部分を真剣に考える。

先日の記事でも

ちょっと書いたのですが

最近、真剣に不動産のことを考えることがありました。

旦那の転勤に伴って

次、どこに住もうか・・

・賃貸アパート

・賃貸マンション

・賃貸一戸建て

・中古マンションの購入

・中古住宅の購入

不動産サイトを見ているだけだったのですが

人というものは、

色々、見ていくと欲というものが出てきます。

■1000万円という価格

私自身、大手住宅メーカーで

沢山の住宅に携わってきて

感覚的に麻痺していたところがあるのですが

家って、ちょっとしたさじ加減で

何百万円も違うんです。

だから、中古で1000万円って

めっちゃ安いと感じるけれど

正気で考えると

1000万円でも、本当は高いんですよね。

■10年ローンだと月9万円

「住居費」ってなると

突然、感覚がおかしくなって

1000万円が100万円くらいに感じるけど

1000万円の10年ローンって

月9万円くらいなんですよね。

月9万円なんて安いじゃないかと

感じる人もいるかもしれないし

みんな、そのくらい払っているって

感じるかもしれない。

■高いと感じる感覚

でもね、世の中には

もっと上手にやっている人って

結構いるものだったりします。

・周りもそんな感じだし

・このくらい普通でしょ

そんな感じで35年ローンを組んでしまう前に

世の中には、あんまり目立って言わないけど

それは高いよねと感じる人たちもいるということを

知るっていうのも、良いかもしれないなと。

■住居費は大きい

家計の中で、最も高くなりがちなのは

何と言っても「住居費」

毎月の家賃や、住宅ローンを支払うために

無理して働いたり

お金の余裕がなくてイライラしたり

それが原因で夫婦喧嘩をしたり。

勤め人をやっている限り

贅沢ができるほどの給料が貰える日が来ることはないんです。

(理由は、この記事に書いてるよ)

だからこそ、住居費に全力使ってしまっては

自分たちが楽しむお金は無くなってしまうんです。

■まとめ<大枠を真剣に考える>

家計を見直す時の鉄則としては

まず「固定費を見直す」が

一番大切なんだけど、

なぜか、住居費だけは

仕方がないよねと言って

見過ごされていきます。

でも、家計の中で一番大きな支出って

本当は「住居費」なんですよね。

人生において何が一番大切なんだろう

そんなことを、最近よく考えたりしています。