【引っ越し直前】冷蔵庫ガランで思ったこと。

少ないもので生活

遂に、引っ越し前日となりました!

引っ越し前日に

家電関係でやっておかなかければならないことは・・

・冷蔵庫の中を空っぽにする

・冷蔵庫のコンセントを引越前日に抜く

・エアコンも引越6時間前にコンセントを抜く

・洗濯機も引越前日にコンセントを抜く

■冷蔵庫の中身

IMG_4100

3日くらい前から

引越日に合わせて、食料の買い出しに気をつけていましが・・

微妙に残った食材・・

もったいない・・

そんな貧乏性が顔を覗かせましたが、

結局、お腹も空いていないのに

自分の胃袋に詰め込むのは、

それこそ、自分を大切にしていないと思い直し

ゴミ箱へ。

■お金と自分の体

そして、連日続く猛暑。

微妙に残った調味料も

全部処分。

その時も、うっすら顔を覗かせる

私の貧乏性が、

「あぁ、もったいない」と

言っていましたが

こんな猛暑で、食中毒にでもなったら

それこそ、もったいない。

■ガラーン

IMG_4098

冷凍庫もガラーン。

IMG_4099

野菜室の米と根菜類だけは、

自分たちの車に乗せて持っていきます。

■冷蔵庫ガランにして

最近の私は、普段から

食品ロスをしない生活をしていたので

久しぶりに、食品をゴミ箱へ入れる時

罪悪感を感じました。

(昔は、しょっちゅう賞味期限切れで捨ててたけど)

正直、捨てる時は、

かなり心苦しかったけど

明日、引越だし

仕方がないって

空っぽになった冷蔵庫を前にすると

心がスッキリした気持ちになりました。

■まとめ<お金の余裕は、心の余裕>

私は、今回の引越しに伴う

冷蔵庫ガランの儀式において

感じたことは・・

お金に余裕があると

心に余裕が生まれるということ。

まあ、いいか。

また買えばいいんだし。

こういう非日常の時に

心穏やかでいられるのは、

普段から、コンパクトな生活をして

お金に余裕があるからだなと感じます。