貧乏で不幸な人の特徴とは。

先日の、この記事。

この記事では、

人の顔を見れば

貧乏か、お金持ちかが分かる!

そんなことを書きました。

■不幸な貧乏の特徴

私は、この10年くらいの間で

それまでの人生が、

一体、何がダメだったのか・・

それが、ようやく分かるようになりました。

<私がダメだった理由>

・自分さえ我慢していれば良いと思っていた

・周りから凄いと言われることが一番の幸せだと思っていた

・楽しくない人生が、当たり前だと思っていた

■自分さえ我慢していれば

私は、幼い時から

自分の感情を抑え込むクセのようなものがありました。

・人から、何か言われたとき

・人から、何かされたとき

・辛くて、どこかに逃げ出したいとき

そんなとき、自分の感情を押し殺して

私さえ我慢していれば・・

そうやって、自分をゴミ箱のように

扱っていました。

■周りから凄いと言われること

そして、常に、自分の感情ではなく

周りから、どう見られているのか・・

それにばかり気を使っていました。

本当は、こうしたいけど

周囲の反応が良いのはこちらの方だから

そうしておこう。

そうやって、いつしか

別の自分を作り上げていきました。

■楽しくない人生

自分をゴミ箱のように扱って

別の自分で生きていたら・・

いつしか、全然楽しくない人生になっていきました。

そして、その楽しくない人生を

お金で、どうにかして

取り繕うそんな日々。

私なんて、どうせこんなもん。

誰かが、どうにかしてくれないものか。

いつしか、私の心の中には

そういう感情が流れ始めていました。

■まとめ<真逆をやる>

ツイッターで、

どうしたら貧相から抜け出せるのか

そんなツイートがあったので

私が、お伝えできることは・・

これらのことの真逆をやることが

真実だということ。

・こんなこと言ったら嫌われるんじゃないかとか思って

自分の感情を抑え込むのではなく

心をオープンにして、周りに伝えていく

・自分の本当の感情を伝えて

完全否定してくるような環境にいるのなら

そういう環境から徐々に離れていく

・周りからの評価ではなく

自分が本当にやりたいと思う方向に進む

こういう根本的なベースの部分を変えること。

小手先だけを、どうこうしようとするから

全然、前に進まないんです。

まずは、おおもと方向を

グイッと変えること。

そうすることで、幸せもお金も

後から追いかけてくるものなのです。