お金の使い方が下手な人ほど「部屋が散らかる」

人は、何も持たずに生まれ

何も持たずに、この世を去っていきます。

その中で、親や環境によって

モノの価値観を、自らが感じ取って

手にしたアイテムを所持したり

手放したりします。

■値段でモノを買う

安くても良いものは

世の中に沢山あります。

でも、安いからという理由で

買ったはいいけど

あまり使わない。

その逆で、高かったから

あまり使わないけど

捨てられない。

これは、どちらも

残念なことなんだなと。

■いつか使うかもしれない

そして、モノが増えてしまうのには

親や、環境によって

植え付けられた

いつか使うかもしれない

色濃く残っているからなんだと感じます。

確かに、3%くらいの確率で

とっておけば良かったという時がやってきます。

でも、その3%くらいのために

97%の無駄なものを

溜め込むのは、本当はおかしな話なのです。

■お金がもったいない

その3%がやってきた時

また買い直さなければならない。

その時の

お金がもったいない。

だから、自分の部屋の中が

モノでいっぱいになっても構わない。

お金と、自分が過ごす環境

どちらが大切なのか・・

モノをつい溜め込んでしまう人は

自分が過ごす環境より

お金が大切だと刻み込まれているんです。

■お金は、もう入ってこない?

ところで、それだけ大切で、

もったいないと思うお金は

これから、もう入ってこないのでしょうか?

もし、もったいないと思うのなら

それは、お金は我慢をして

辛いことをしないと入ってこないと

自分が決めつけているから。

<関連記事>

お金の本当の姿は、

自分が好きなことをやっていたら

その対価として、入ってくる楽しい存在なのです。

そういうのも、幼い頃からの

教育で、知らぬ間に

刻み込まれているんです。

■まとめ<大丈夫なんだ>

私たちは、この世に

人生を楽しむために生まれてきたんです。

それなのに、幼い頃からの教育で

・苦労してお金を稼ぐことが素晴らしくて

・苦労してお金を稼ぐくらいなら

自分の環境は後回しで良い

そんな思考回路になってしまっているから

・人生の満足度が低くて

・部屋が散らかってしまうのです。

お金と、モノと、部屋の環境は

色濃くリンクしています。

「私は大丈夫なんだ」

そういう感情が

全てを良い方に向かわせるのです。