スポンサーリンク

「汚部屋だった頃」の夢を見た。

スポンサーリンク

最近、色々な夢を見ます。

今朝みた夢は、

多分、まだ実家にいるとき

汚部屋だった頃の夢。

■モノが多い部屋

夢の中の部屋は、

めっちゃモノが多くて

ぐちゃーっとしていて・・

とりあえず、文房具が多くて

どうやって使うのか分からないクリップとか、

ホッチキスも2つあって・・

(2つもいらんよね)

そんな、ぐちゃーな状態の

菓子箱みたいなのが3つ、4つあって。

(菓子箱を、小物入れにしている模様)

■捨てたい

私は「捨てたい」って思うんだけど

お母さんに、

「もったいないでしょ!」って言われそうで

捨てたいけど

捨てられない。

でも、目の前には

ぐちゃーな部屋があって

ここから逃げ出したい!

そう思って目が覚めました。

■怖かった

まだ、実家に住んでいる頃

まだ使える文房具を捨てようとしたとき

母に「まだ使えるでしょ!」って

言われたのが、

こんなにも、まだ私の中に

残っているんだなぁ。

・使える

・使うは別なのに・・

親が言うことは正しい。

そう思いつつも、

やはり、どこか怖かったなと。

■ホッチキスが2つ

ホッチキスが2つあるっていうのも

多分、自分が昔、目にした光景なんだろうな。

部屋が散らかっているから

ホッチキスがない!って

新しいの買ってきたら

その後、どこかから出てきたから

2つもあるみたいな・・

(あるある)

でも、だからと言って

1つ捨てるなんて

もったいない!ってやつね。

いや、2つも使わないでしょうよ。

■今は、自由なんだ

ホッチキスも2つ必要じゃないし

大量のクリップも必要じゃない。

そんなにモノをたくさん持っているから

ワケがわからなくなって

また、モノが増えるのに。

これが、私の考え方。

だから、大人になった私は

自分の好きなように生きていいんだなと。