人生を変えたいのなら「習慣」を変えることから始まる。

幸せな生き方

私は、独身時代、本当に、どうしようもないくらい

だらけてる、みっともない、締まりのない、だらしない

こんな単語がピッタリの人間でした。

どのくらいヤバいかって・・

平日の朝はギリギリまで寝ていて、

ドタバタと職場へ。

帰宅後は、夕飯を準備して食べることすら

面倒で、適当にシャワーを浴びて

ぼーっとテレビを深夜まで見る。

休日は、昼過ぎまで寝て

ぼーっとテレビを見て、

また寝る・・

友人からのお誘いや

既に予定を入れていない限り

ずっとこんな生活をしていました。

ハッキリ言って、生きているのか

死んでいるのか、よく分からないような生活。

■目次

 ▶習慣が人生を変える

 ▶習慣を変える方法

 ▶ひたすら続ける

 ▶人生が良い方に動き出す

 ▶最後に

■習慣が人生を変える

そんな廃人のような生活をしていたのですから、

キラキラと輝いた人生なんて夢のまた夢。

でも、そんな人生で終わっていくのは、

あまりにも悲しいなと思うわけです。

それでね、私は、数年前から

人生を急転回させて、

今までの人生を変えてきたわけです。

だからって、すぐに人生が変わるわけではないのです。

それまでの自分に染み付いた色んなものを

一つ一つ変えていかなければいけないのです。

それでね、私は、一つ一つ習慣を変えてきたのです。

■習慣を変える方法

「習慣を変える」って

言葉では簡単ですが、実際に変えるって

本当に大変です。

習慣を変えるには、ここに気づけば、もうお金には困らないにも

書いてあるのですが、最低21日間は続ける必要があります。

そして、本の中に、こう書いてあります。

よく「続けても何も変わらないんです」という人がいますが、

私はこう答えています。

「はい。習慣になるまで続けなかっただけですね。

だから続けてください」

できるまでやりつづける。これが大切です。

そして自分がそれを続けていることすら

意識せずに淡々とできるようになったら、

習慣の定着は完了です。

■ひたすら続ける

私は、廃人時代、トイレ掃除なんて

1ヶ月に1度すれば良いほう。

そんな私が、今、毎日トイレ掃除をしているという奇跡。

平均以下だった私が、ここまで変われたのは、

やはり、ひたすら続ける。

トイレ掃除を毎日するという

元々、廃人だった私にとってはハードル高めな

ミッションを愚直に続けてきたから。

■人生が良い方に動き出す

「とりあえず、トイレ掃除だけは絶対にやる!」

正直、これだけでも、毎日続けると

人生が徐々に良い方に動き出します。

もちろん、いきなり変わったりしないのですが、

「トイレ掃除を今日もやれた自分は凄い!」

これが起爆剤となって、

ムクムクと変わりたい衝動が溢れてきて、

他の場所も綺麗にしたいと思ったり、

要らないモノを積極的に捨てたいと思ったり、

お金のことに興味が湧いたりしてきます。

■最後に

どうせ生きるのなら、

幸せで楽しい人生を送りたい。

そのためには、やっぱり廃人のような生活をして

本当の自分の心を無視していては

人生、いつまでも変わっていきません。

本当は、どういう人生を送っていきたいのか。

それを紐どいて、まずは、習慣から変えていくこと。

これが、やがて、人生を良い方向に

向かわせていくのです。

ランキングに参加しています

▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)

にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪