「自分に厳しく、他人に優しく」なんて出来ない。

自分に厳しく、

他人に優しく

これが出来る人が、

立派なオトナだと信じてきました。

自分は、どんなに辛くても

頑張って、色んなことができて

立派な人。

そして、周りの人には、

おおらかな気持ちで接する。

これこそが、

目指すべき姿!

だと、なんの疑いも持っていませんでした。

■厳しさ

でも、自分に厳しい人は、

結局、周りにも

「正しさ」を共用しようとします。

(私が、そうだった)

私が、こんなに我慢して

頑張っているんだから、

あなたも頑張りなさいよ。

そのくらい簡単でしょ。

口には出さなくても

心の何処かで思ってしまう。

■溜まった気持ち

たとえ、本当に

自分に厳しく

他人に甘くできたとしても

心の何処かで、その気持ちが溜まって

ある日、突然

爆発してしまったり

自分でも気づかないうちに

病気になってしまったり。

■自分に優しく

だから、本当に

他人に優しくしようとするならば

まずは、

自分にたいして

優しく接してあげることが

一番大切なんだなと。

■まとめ<よく頑張ったね>

自分に対して

自分が発している言葉。

・もっと頑張れ

・そのくらい我慢できる

・そんなことも出来ないの?

そうやって、自分に

厳しくしていると

結局、それが、他人に対しても感じてしまうから

・よく頑張ったね

・そんなことも出来るんだね

・すごいね

・えらかったね

こうやって、自分に優しい言葉をかけてあげる。

自分に優しく

他人にも優しく

これが、幸せになれる方法だなと感じます。