【教育費】本当に好きなことって、こんなこと。

私は、小学生の頃
習字とピアノを習っていました。

どちらも、姉が母に行きたいと言って
行き始めたから、

で、2つしか違わない姉の影響で
「私も行くー」と言って通い始めました。 
(姉のマネをしたい年頃でした)

通い始めて
習字は、まあまあ楽しかったけど

ピアノは、
超絶 楽しくなかったんですよ・・

毎週、ピアノの曜日は
本当に憂鬱で、

本当は、やめたい!って
言いたかったけど、
なんか言ったらダメなような気がして

結局、2年くらい通って
姉が「ピアノやめたい」って言ったタイミングで
「私もやめるー」と言って
あっさり止められたというね。

今思えば、自分がやめたいって思ったタイミングで
母に「ピアノやめたい」って言えば良かった。

そしたら、母も
ピアノの月謝を毎月払わなくても良かったし
私も、毎週、憂鬱な気持ちに ならずにすんだのにね。

■息子の習い事

そんな自分の気持ちを
素直に言えなかった私に対して
息子は、思ったことを
ズバッと言います。

息子は、年中さんの途中から
スイミングに通いました。

通い始めたきっかけは、
保育園のママ友に、スイミングに通っている子がいると聞き

幼いときから、泳ぎの練習ができたら
後々、息子にとって良いかなと思ったから。

 

<関連記事>

↑この記事のあと2ヶ月ほどで

ビート板なしでも25mを泳げるまでになりました。
(子供の成長はすごい!)

息子は、本当に嫌だと思うことは
徹底して、やりたがりません。

だけど、やりたいと思ったことは
徹底して、やりたがります。

プールは、息子にとって
やりたいことだったらしく 
週1回のプールを本当に楽しみにしていました。

■息子から学ぶこと

 私は、この歳になって
息子から、たくさんのことを学んでいます。

それは、やりたくないって思うことは
徹底して、やりたくないを
貫き通すこと。

そして、やりたいと思ったことは、
徹底して楽しむこと。

更に、「やりたくない」って言っても
周りは、息子のことを
嫌いになったりしないということ。

■サッカー教室

ビート板なしでも25m泳げるようになった息子。

今は、転勤による引っ越しの関係で
スイミングに通っていないのですが、

小学1年生になったら、
今度は、スイミングではなく
サッカー教室に通う予定です。

凄い田舎なので、
結構、遠くまで親が運転して
送迎することになりそうですが
息子本人も、ぜひとも通いたいそうなので
出来る範囲で、付き合ってあげようと思っています。

お金って、見栄や体裁のために使うんじゃなくて
本当にやりたいと思うことに真剣に使う。

最近、そういうことを
とても感じています。 

▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ