幸せな人は、こういうことを考えている。

読んだ本のこと

先日も、ご紹介した

和平さんの本に

「けっきょく、お金は幻です」というものがあります。

この本の中に

こんなことが書いてあります。

富は幸福の絶対条件などではなく 、
お金なしでも人間は十分幸せに生きられること 。

 

お金の代わりに 、
感謝や思いやりや喜びの心が幸福の要因となりうること 。

 

お金はなくてはならないものでなく 、
あれば便利だが 、
なくても平気という相対的な存在にすぎないこと

 

■日本一の大投資家

和平さんは、2年くらい前に

亡くなられたわけですが、

日本一の大投資家にまでなった方が

「富は幸福の絶対条件ではない」と書かれていて、

ドキンとしたわけです。

■もっとゆるく

お金がないと不安だ

そういう感情でいっぱいになるから

やみくもに、不安になって

そのままじゃ全然ダメって

「どうにかしないと!」ってなるんだろうな。

大豪邸に住んでいても

幸せじゃないと感じる人もいるし、

賃貸アパートに住んでいても

幸せだと感じる人もいる。

今、目の前に広がる現実を

すでに、こんなに持っていて

すでに、こんなに幸せなんだ。

そういう目で、

目の前の現実を見ることができる

そういう人が、すでに

幸せな人なんだろうなと感じます。