男性社会で女性が生き残るために・・ネクタイを締めた女性

人間関係の悩みを解決

「お世話になります!」

ハキが良い、元気な声で設計事務所に入ってきた女性。

年の頃は、30歳前後といったところ。

その女性は、作業着姿で、ネクタイを締めています。

そう、男性がスーツを着た時に締める、あのネクタイです。

「話には聞いていたけど、本当にネクタイ締めてる・・」

私は、そう思いました。

(決して、変な人ではなくて、しっかり仕事が出来る方です)

彼女は、私が勤める設計事務所が、設計した現場の

現場監督員をしています。

現場監督員の仕事は、設計者や受注者(お客様)と

現場で働いている作業員の間に入って、指示などを出したり

まとめたりする、重要な役割があります。

世の中は、女性に、もっと活躍して欲しい

女性投入を!そう言った流れです。

確かに、その流れがあるのは実感します。

でも、現実、建設業界など、男性社会で

女性が、一人前として渡り歩くのには、

それ相当の覚悟が必要です。

打ち合わせをする、設計者。

現場で働いている作業員。

それは、ほぼの確率で男性なのです。

「なめられちゃいけない」

その覚悟が、このネクタイに込められている。

そう思わずには、いられませんでした。