必要のないモノに囲まれた部屋で暮らせば、必要のない感情や疲れが溜まっていきます。

今、人生が豊かになる 禅、シンプル片づけ術という本を読んでいます。

最近、あまり本を読んでいなかったのですが、本の冒頭「はじめに」に

こんなことが書いてあって、こりゃあ、読まないとね!と思って読み始めました。

もし物質的な豊かさが幸せの目安だとしたら、当時の人に比べて、

私たちは何百倍も何千倍も、幸福感を感じていなければなりません。

しかし、実際はどうでしょうか。

自然を身近で感じながら、物を育て作る喜びを体で実感しながら、

あるいは、新しい国造りに人生をかけながら、懸命に生き抜いた当時の人たちの方が、

もしかすると、今よりずっと充実感を感じながら暮らしていたのかもしれません。

私が最近、物凄く感じていたことだ!

そう思わずにはいられませんでした。

長い歴史の中で、100年前という、ちょっと前と比べて

現代は、交通・通信・食糧事情など、比べものにならないくらいの

進化をとげているのに、どうして、こんなに幸せだ!と思う人が少ないんだろう。

どうしたら、心豊かに生活することが出来るようになるのか?

そこでのキーポイントは、

「持たない暮らし」と「掃除」

これは、「禅(ZEN)」の考えなのだそうです。

神社の境内が、いつも塵ひとつなく、心が澄み渡る感覚を

誰しもが一度は感じたことがあると思いますが、

あれが、まさしく、人生を豊かにするヒントなのです。

掃除も、その日やるべきことをその日の分だけ、

ただ淡々と行えばいいのです。

淡々と行うことで、部屋が綺麗になるのは、もちろんのこと。

穏やかな心も育んでいくことが出来ます。

部屋の状態は、現在の自分の心を表します。

必要のないモノに囲まれた部屋で暮らせば、

心の中にも必要のない感情や疲れが溜まっていってしまいます。

いつか使うかもしれないと、部屋の中に、沢山のモノがあるよりも

勇気を出して、少しずつ手放していく。

すると、少しずつではありますが、

心が晴れやかになっていきます。

「持たない暮らし」と「掃除」は、

人生を豊かにしてくれるんだと、私は思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄