「無いより、あった方がいいモノ」は、無くても大丈夫。

断捨離

息子が、随分、言うことを理解するようになって

「しちゃダメよ」と言うことは、しなくなりました。

ほんと、随分、成長したなーと嬉しく思います。

なので、ハイハイが出来るようになって

リビングと台所の間に、子供用の柵を取り付けていたのですが、

昨日、その柵を取り外しました。

↓これが、その柵です。

Fotor_143946569199524

そして、その横にある棚は、

台所の入り口が広いため、柵の長さが届かず

壁と柵の間に、かます役割として購入したものです。

柵を設置している時は、棚の中に

何となく、モノを入れておりました。

そのモノは、ほんと大したものではなくて、

インスタトコーヒーとか、麦茶のパックとか

別にココじゃなくても、全然いいもの。

だけど、人間って、棚があると、何か入れようとする生き物なのですね。

不思議なものです。

そして、この度、柵の撤去に伴って

この棚を、どうするか?

旦那と話し合いました。

旦那は、「無いより、あった方がいい」と言いました。

本当にそうかな?

この棚の中のものは、別にココじゃなくてもいいもので

棚があることで、その場所を占領しているというデメリットの方が大きいのではないか?

二人で考えた結果、この棚も処分することにしました。

無いより、あった方がいいモノは、無くても大丈夫。

何となくのモノで、部屋の中を溢れさせると

ハッキリ言って、良いことありません。

これが必要なんだ!そう思えるモノに囲まれて生活する方が

確実に、人生、良い方向に向かっていくよね。

最近、旦那もモノが少ない生活にして

本当に良かった!と言っています。

「ハピコの言うようにして正解だったな」

こう言われることが、今の私にとって、一番の褒め言葉です。