我が家の洗面台の下、初公開!何も入れない勇気は、ありますか?

少ないもので生活

我が家は、築40年くらいの古い団地です。

なので、設備関係も決して最新のものではないのですが、

極力、快適に使えるように頑張っています。

そんな、我が家の洗面台の下は、こんな感じです。

Fotor_144083489454695

掃除中ですか?と思ったアナタ。

「いえ・・違います」

ココには、もう2年以上、モノを入れていません。

どうしてか?

それは、ちょうど2年程前、息子がハイハイを出来るようになり、

家の中を、好き放題に散策し、扉という扉を開けて

中身をぶちまける→私が片付ける→息子が中身をぶちまける

このループに、ほとほと疲れ切った私が取った対策が

「何も入れない」だったのです。

2年前は、洗剤の詰め替えやら、シャンプーの詰め替えやら、髭剃りやら

何なのか分からないものやらで溢れていました。

最初は、100円ショップにでも行って、

チャイルドロックを買ってこようかと思ったのですが、

洗面台の下に入ってたモノは、ほんと大したモノはなくて、

「別にココじゃなくても、全然、大丈夫じゃん・・」

そう思って、全だしを決行。

結局、残ったモノは、ほとんどありませんでした。

洗剤・シャンプーの詰め替えは、

無くなるちょっと前に買えばいいのです。

何なのか分からないものは、今は、全部捨てました。

ハッキリ言って、洗面台の下が、空っぽでも

全く問題ありません。

むしろ、こっちの方がいいと思っています。

私の場合、洗面台の下って、たまにしか開けないガラクタ箱でした。

何も入ってないって、何より掃除が楽だし

モノを探す時、このガラクタ箱を選択肢から外すことが出来ます。

息子が、完全にイタズラをしなくなっても

私は、ココにモノを入れることは無いです。

逆に、モノを入れると、そのモノの存在を忘れてしまいそうです。

そのくらい、この収納の必要性が無くなってしまいました。

洗面台の下は、収納であって、

絶対、何か入れないといけないと思い込んでいませんか?

収納だからって、何も入れなくても問題はないんです。

何も入れないなら、入れないで

管理は、より簡単になり、ストレスが、またひとつ減るものです。