携帯依存症だった私。自分でも驚くほど変わったと感じます。

私が、大学生になった頃から、携帯電話が普及し始めました。

当時は、スマホではなくて、ガラケー。

それで、電話をかけたり、メールをするわけなのですが、

20代の私は、携帯依存症でした。

メールを送ったのに、返ってこない。

何度も携帯を開いては、返信がきていないか確認していました。

基本、小心者の私は、今でも、自分がメールやラインを送ったら、

返信がきていないか何度も確認します。

そんな私が、自分でも変わったなーと思っているというのは、

そもそもの所の話なのですが、一人でいることの方が楽しいと思うようになったということです。

基本、かまってちゃんだったので、自分から友達に連絡をすることが多くて、

特に、独身時代は、誰かと関わっていたいと思っていました。

そんな私が、一人の方が楽しいと思うようになるということが、

かなり画期的なわけです。

もちろん、旦那と冗談トークをしたり、息子とジャレ合ったりすることも

楽しいのですが、一人で掃除をしたり、ブログを書いたり、本やブログを読んだり、

ジムで体を鍛えたりすることが楽しくてたまらない。

正直、ママ友とワイワイ話す時間があれば、

一人で黙々と掃除をしたいと思う、なかなかの変態になり始めました。

だって、楽しいんだもの。

そして、今では、なんで独身時代は、あんなに他人がいないと落ち着かないというか、

依存をしていたんだろうと思うくらいにまでなりました。

私は、一人の時間を心から楽しめるようになったことが、とても嬉しいです。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄