お金を貯めるためだけに生きてはいけない

「お金を貯めよう!」と思ったとき、

どうしても、お金を使うことが悪と感じてしまい、

極端な節約をしてしまいがちです。

食べ物は、1円でも安い方を買おう!

食の安全は、度外視ね。

節電に協力しない旦那は、悪魔。

トイレの電気を消し忘れようものなら

超激怒。そして夫婦喧嘩。

自分のためには、何も買わない。

そんなの、勿体なさすぎる!

休日は、家でじっとしている。

お金を使わないで済む一番の方法。

おそらく、この生活を続ければ

続けることができるならば、お金は貯まっていきます。

これ、私がお金を貯めようとして

新婚生活でやっていたことです。

でも、こんな生活、長くは続きません。

心が、どんどん灰色になっていって

どこかのタイミングで、いつも頑張っているんだし!と

それまでの我慢と同じくらいの浪費をしてしまう。

こんな生活、ちっとも楽しくありません。

灰色の生活をしないといけないくらいなら、

もう少し多めに働いて、お金を稼いだ方がよっぽど

楽しくてラクです。

トイレの電気を消し忘れたところで、

何千円もかかりっこないんです。

今は、消し忘れに気付いたら、すぐ消して

旦那に事後報告だけしています。

「電気ついてたよ」って。

「あーごめん。ごめん。」これで終了。

休日は、基本、外出しています。

平日、頑張って働いている分、

休日は、いつも家族3人、思いっきり羽を伸ばしています。

こっちの生活の方が、断然楽しいし

人生が豊かになります。

そして、きちんと貯まる仕組みを作っていたら

自然とお金は貯まっています。

お金を貯めることも大切だけど、

人生一度きり。楽しくいきましょ♪