「節約」と「ケチ」は別物。旦那のいとこの結婚式のお祝儀は、これだけ包みました。

お金のこと

先日、家族3人、結婚式にご招待頂き、行って参りました。

今回、ご招待頂いたのは、旦那のいとこ。

そのいとこと旦那は、小さい頃から、家が近所で、

幼馴染として、成長してきたそうです。

私も、結婚してから、旦那の実家に行くたびに、

仲良くして貰っていて、旦那の実家に遊びに行く時の

楽しみの一つでもありました。

そんな、いとこが結婚することとなり、

「果たして、いくら包むのが良いだろうか」

ネットで調べると、夫婦二人でも、

いとこなら5万円で良いとする答えだったり、

7万円で良いとする答えだったり、

末広がりの8万円だったり・・

人によって、考え方や価値観って違うものだなーと思いました。

で、結局、我が家が出した答えは、

もう、よく分からないから、「10万円にしよう」でした。

たぶん、永遠と考えても、正しい答えって出てこないよね。

それなら、私たちの中での「最良の答えは何だろう」と

考えた末の結果でした。

でね、結局、楽しい結婚式が終わって

感じたことは、「やっぱ10万円にしておいて良かった」でした。

それは、気持ちの中で、やっぱ10万円が良いんじゃないかと

少しでも思っているのに、ケチる気持ちが勝って、

少なく包んでいたら、ここまで清々しい気持ちにはなれなかったと思うから。

我が家は、普段の生活では、

沢山のお金が必要ではない生活をしています。

だからって、「貧しい」とか「息苦しい」という感情はなくて、

お金に縛られない自由な生活だと思っています。

だから、自然と沢山のお金が手元に残っていく。

そういうお金を、大切な人のために、ドカンと使う。

これからも、私は、そういうお金の使い方をしていきたいと思います。