スポンサーリンク

モノが多い部屋に住んでいると「自信」を失う。

読んだ本のこと
スポンサーリンク

モノを捨てるトレーニング「捨てトレ」

こんなことが書いてあります。

捨てられないモノの中には、衝動買いしたものの使いこなせなかったモノや、

太って着られなくなった洋服、勉強しようと思って買ったけれど挫折した本や教材など、

<失敗の証拠品>が必ず含まれています。

これらを目にするたび、私たちは過去の失敗を再体験することに。

そして、いやでも「考えなしの衝動的な私」や

「やせられない私」「向上心も根気もない私」を

思い出してしまうのです。

■目次

 ▶ダメな自分を認めて許してあげる。

 ▶<失敗の証拠品>を取り除いてあげる。

 ▶必要のないモノを捨てる決断

 ▶新しい自分で前に進む

 ▶最後に

■ダメな自分を認めて許してあげる。

モノが多い部屋には、

使いこなそうと思って手に入れたのに、

実際は、使いこなせていないモノで溢れています。

1ヶ月、半年、1年・・

全く手を触れられることもなく

全く動くことのないモノたち。

でも、否応なしに視覚には入ってきたり、

視覚に入らなかったとしても、

脳内のどこかに、まだ所持していることを記憶しています。

■<失敗の証拠品>を取り除いてあげる。

そういう<失敗の証拠品>は、

家の中のどこに隠そうとしても、

残り続けています。

だから、やっぱり、そういうモノは、

捨ててあげることが大切です。

■必要のないモノを捨てる決断

モノを捨てられないのは、

心のどこかで、自分の失敗を認めたくなくて

もしかしたら、またやれるかもしれないという

わずかな期待を残して、そこにたたずんでいます。

でも、それは、自分の人生に何が必要なのかが

分からなくなっているんだということ。

■新しい自分で前に進む

勇気を出して、一つひとつ手放すことで

本当にやりたいことが徐々に見えてきます。

モノの多さは、自分の「心の迷い」

そのものを表していているから、

自分の殻を破ることができなくて苦しいのです。

■最後に

人生を前に進ませたいと思う気持ちが

私にはあるから、とりあえずモノを手放すことで、

徐々に、真っ暗だった自分の人生の道が

見えるようになってきました。

モノを捨てることは、

私にとって、低いハードルを

一つひとつ飛び越えることと似ています。

低いハードルを飛び越えることで

自分に自信がついてきて

大きなハードルを飛び越えられる。

そうやって、自分らしい人生を

歩んでいきたいと思っています。

ランキングに参加しています
▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪