私は絶対に「天然」ではないと思って生きてきたけれど。

幸せな生き方

ポッドキャストって知ってますか?

私も最近知ったのですが、

無料で聴けるラジオみたいなもので

iPhoneやiPadにアプリをダウンロードして

私は聞いております。

その中で、心屋仁之助さんのポッドキャストを聞いております。

■目次

 ▶「有能タイプ」と「天然タイプ」

 ▶私は「有能タイプ」だと思って生きてきたのに・・

 ▶よくよく考えてみると私は「ポンコツ」だと分かる。

 ▶「ポンコツ」なりの生き方

 ▶最後に

■「有能タイプ」と「天然タイプ」

ポッドキャストの中でも心屋さんが話されているのですが、

世の中の人は、大きく分けると

「有能タイプ」=「前者」と

「天然タイプ」=「後者」の2種類の人がいるのだそうです。

そこで心屋さんの著書であるそれもすべて、神さまのはからい。

簡単なテストがあります。

・難しい話をされたり、まくしたてられたりすると、

心の中にシャッターが下りてしまう。

・思考がすぐにどこかに飛んでいってしまう

・説明を受けたり怒られたりしている最中、うわの空になって

他のことを考えてしまう

これらの質問に一つでも「イエス」があれば、後者。

すべて「ノー」ならば前者です。

■私は「有能タイプ」だと思って生きてきたのに・・

皆さんは、いかがだったでしょうか。

私の答えは、2番目が完全に「イエス」なのです。

そう、私は「後者」=「天然タイプ」

私は、この事実を知った時、

「到底信じられない!」と思いました。

それは、私は、これまで自分は

「有能タイプ」だと思って生きてきたからです。

■よくよく考えてみると私は「ポンコツ」だと分かる。

この現実を知ったのは、実は去年のことです。

ずっと受け入れ難かったのですが、

よくよく考えてみると、

私は完全に「ポンコツ」だけど

「ポンコツ」だと思われないように

必死で頑張ってきたんだなと分かりました。

■「ポンコツ」なりの生き方

そして、世の中には、私と同じような「天然タイプ」の人が

結構存在していることも知りました。

世の中は、すべての人に対して「有能タイプ」であることを

求めてきます。

なので、天然タイプの人は、そうあるべき姿を追いかけて

必死で走っています。

■最後に

本の中に、こう書いてあります。

「ちゃんと」

「気が利く」

「がんばる」

「思いやる」

「おもてなしする」

「空気を読む」

「察する」

ということが基準の世の中で、

よくここまで生きてきた。

よくがんばってきた。お疲れさま!

そんなふうに、自分を褒めてあげてください。

やっぱりね、人間には得意と不得意があって、

私は「気が利く」とか「空気を読む」とか

そういうのが不得意です。

でも、好きなことを掘り下げていくこととか

そういうのは結構好きだし得意な方です。

決して有能タイプではないけれど、

私には、私なりの良さがあって、

好きなことをしている自分が大好きです。

そして、それはそれで

何かしら社会の役にも立っているわけです。

だから、「変なやつ」って思われながらも

自分らしく生きることが大切なんだと思います。

ランキングに参加しています
▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪