「人生これでいい」そう思えるために日々淡々と。

幸せな生き方

反応しない練習という本を読みました。

私は、これまで「他の人に負けてなるものか」と

自分の気持ちよりも、周囲の目ばかりを気にして

生きてきたところが多い人間です。

そんな私が、「反応しない」というのは

本当に真逆の行為で、正直、

そうなれるものならなりたいと思うわけです。

■目次

 ▶お役に立てればよし。

 ▶自己ベストを目指す。

 ▶今、立っている場所からのスタート。

 ▶自分の役割は他にあるという考え方。

 ▶人生これでいい。

 ▶最後に

■お役に立てればよし。

人は、自分の価値を気にして生きています。

だから、自分ではない「その他」が気になります。

では「勝てば全てが解決するのか」と言えば

そうではありません。

「完全なる勝者は存在しない」

これが仏教の考え方です。

競争とどう向き合えば良いのかという

正解を探し求めるよりも

「お役に立てればよし」

そう、考えることができれば

心が軽くなります。

■自己ベストを目指す。

「勝ち」も「負け」もない。

そう考えることができれば、

相手に対する嫉妬がなくなり、

やがては執着がなくなります。

常に、「自己ベスト」を目指すこと。

そして、自分で自分を肯定してあげること。

これが大切だといいます。

■今、立っている場所からのスタート。

そうは言っても、これまで

散々、自分と他人とを比較してきたものは、

これから、どうすれば良いのか?

その答えは、

「今、立っている場所からスタート」すれば良いだけの話です。

今の自分にできることは?

まだできることは?

生活を改善させるべく

自分の足元を見るのです。

■自分の役割は他にあるという考え方。

そこからスタートをさせて、

必死で頑張るけれど、

それでも良い結果が出ない。

そういう場合は、

そこに必死で喰らいつくのではなく、

「自分の役割は他にある」という考え方も

仏教の考え方です。

そこに執着するのではなく

「自分の役割は他にある」という考え方ができれば

それも、自分を肯定してあげることに繋がり

そう考えることができれば気持ちが軽くなります。

■人生これでいい。

「人生これでいい」

そう自分が納得することができる。

これが仏教的には

ゴールなのです。

他の人の判断ではなく、

自分にとって納得ができること

それは安らぎに繋がります。

だから「自分にとって最高の納得」

これを目指すことが一番大切だと説いています。

■最後に

真の幸せは、

他人に判断されるのではありません。

判断するのは自分であるということ。

だから、自分ではない、その他の言動や

周囲の競争に、いちいち反応するのではなく

「自分にとっての最高の納得」が大切

周囲を見渡した時に、

「みんな、よく頑張っているな」

「私も何かのお役に立てればよし」の精神で

日々淡々と人生をまっとうすることができれば、

それは最高の人生なのです。

どんなことがあっても、後悔をしないで

自分を嫌いにならないで、

日々頑張っている自分を大切な存在だと

自分で自分を認めてあげること

これが大切なことなんだと思います。

ランキングに参加しています

▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)

にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪