「物欲」は、家の中のモノの量に比例して大きくなる。

「物欲」

それは、良いように働くこともあれば

悪いように働くこともあります。

■良い「物欲」

私が思う、良い「物欲」とは・・

そのモノをゲットできたら

気持ちが楽しくなって

モノ自体も、ちゃんと使う。

そういうのが、

良い「物欲」かなと。

そして、そういう良い「物欲」は

やっぱり、あった方が良いなと。

■悪い「物欲」

私が思う、悪い「物欲」とは・・

今の自分に自信がなくて

何か分からないけど、

モノがあれば、

自分に自信がつくんじゃないか・・

そうやって、手当たり次第に

モノを買っていく・・

そういうのが、

悪い「物欲」かなと。

やっぱり、モノで自信を得ようとすると

結構、果てしなくなってしまうものです。

■「物欲」は、家の中のモノの量に比例する。

そして、最近感じることは、

「物欲」とは、家の中のモノの量に

比例して大きくなったり

小さくなったりするなと。

どういうことかというと・・

モノが多い部屋に住んでいる時は、

果てしない物欲が

私の中で渦巻いていました。

部屋の中には、大量の服や化粧品があるのに

「もっと、もっと」という気持ちで

メラメラしていたのです。

■何が一番大切なのか・・

あれから、私は、徐々に断捨離をして

今では、少ないモノで生活をしています。

この生活に至るまでには、

私の中で、色々な格闘があったわけですが

勇気を出して、使わないと判断して

処分してきた経験は、

私に、「何が一番大切なのか」を

教えてくれました。

そして、今では、欲しいと思ったモノは買うけど、

基本的に、「物欲」と戦うことが

ほぼ無くなったのです。

■モノが少ないと「物欲」が減る。

モノが少ない部屋にいると

「物欲」がメラメラしそうですが、

実際には、「物欲」がなくて、

心穏やかなわけです。

これは、既に私自身が

必要なものだけを残し、

心が満たされているからだと感じます。

しっかり、自分の心の声と対話しながら

断捨離をしていくと、

そこには、モノの量と比例して

「物欲」が減っていく穏やかな世界が

待っているのです。