スポンサーリンク

お金って「人を喜ばせた量」なんだね。

スポンサーリンク

「お金」

それは、欲しいものを買ったり

欲しいサービスを買ったりして、

喜びを得るもの。

お金を使うことで、

幸せを受け取ることができます。

■お金は「人を喜ばせた量」

ということは・・

逆に考えると、

お金は「人を喜ばせた量」でもあります。

会社員だったら、お客さんに対応することで

お客さんを喜ばせたり、

経営者を喜ばせた対価が

「お金」として受け取ることができます。

■お金を使う時・受け取る時

私は、そのことに最近、気づいて

お金を使う時には、

「私は、今、喜びを受け取ってるんだ」

そう思いながら、使っているし、

お金を受け取る時も

「私は、人に、喜びを与えることができたんだ」

感じるようになりました。

■喜びの量で、金額が変わる

そして、受け取る喜びが大きい時ほど

多くのお金が必要だし、

人に、多くの喜びを与えることができたら、

それだけ、多くのお金が貰えるんだなと。

「多くの喜び」の法則とは、

(喜びの大きさ)×(喜ばせた人数)

だから、「多くの喜び」を与えたかったら

1回の喜びを大きくさせるか、

喜ばせる人数を増やせばいいんだなと

感じるようになりました。

■まとめ

昔は、「お金が喜びの量」とか

考えもしませんでした。

それまでは、お金は、ただの道具。

そんな感じでした。

でも、最近、「お金は喜びの量」なんだ。

そういう視点で物事を見ることが

できるようになって、

根本的な考え方も変わってきました。

同じ世界を見るにしても

見る視点が違うと

世界は、こんなにも違うように

見えるものなんだなと。

「お金は喜びの量」

この世界観で生きると

全てのものが、それぞれに

輝いているんだなと、

感じるようになりました。