年末、シェラトンホテルに泊まった話。

お金のこと

年末、ライブドアブログの忘年会に出席するために

東京へ行ったのですが、

その時、初めてシェラトンホテルに宿泊しました。

泊まるだけならビジネスホテルでも良いのに

なぜ、高級ホテルに泊まったのか。

それは、定期的に

一流の空気に触れるため。

■心地よいと感じる空間

私は、団地に住んでいるので

そういうのが、

私の中での「普通」であって

それが、心地よいと感じるわけです。

でも、たまに、

一流と言われる空間に身を置くことは

今の自分を成長させてくれる

とても良い時間だと感じます。

■お金持ちの感覚

やはり、お金持ちの人が

日々感じている感覚は

普通の人とは少し違います。

それを感じて

「なるほどなぁ」と思うことは

将来的に、自分もそちらの方へ行こうと

思わせてくれるものです。

■素敵と感じる感覚

IMG_2169

シェラトンホテルに泊まった日は、

遅くまでライフスタイル系のブロガーさんたちと

2次会、3次会をしていたので

ホテルに着いたのは、遅くなったのですが

やはり、よいホテルは良い。

IMG_2170

ベッドとか、ふかふかだし、

IMG_2172

IMG_2171

洗面所やバスルームも

やはり一流。

■リッチな気持ちになる

IMG_2190

朝食は、ふわとろのオムレツをチョイス。

こういう時間を持って

「素敵!」って感じるということは、

「私の中にも、

そういうことを感じられる部分があるんだ」

そういうことを知ることができます。

※そういうのを感じられるってことは、

そういう部分を持っている証拠。

だって、そういう部分がないと

素敵って感じないものです。

■まとめ<たまに一流に触れる>

たまには、自分が過ごしている

心地が良いところから

ちょっと飛び出してみるって

とても良い経験です。

そして、一流に触れて

「素敵」って感じる

そういう部分が自分にもあるんだ・・って感じる。

こういう体験が、

また一段上のステージに

進んでいけるんだと感じます。