スポンサーリンク

広い視野を持ってみたとき、自分の小ささに衝撃をうける。

スポンサーリンク

「学校を卒業したら、就職するものだ」

もう、これは、当たり前。

その他に、何があるっていうんだっていうくらい常識。

私の周りも、みんな、そうでした。

いい成績を残して、いい学校に入り、いい会社に入る。

これが、最も、素晴らしい道である。

だから、みんな、いい給料、いい条件の会社を見つけるために、

血眼になって、求人を探すのだ。

私も、その一人です。

「いい求人ないかな?」

そうやって、自分の時間を切り売りして給料を頂く。

これが、社会のあるべき姿であって、

そうやって生きている人が、ほとんどです。

でも、ちょっと広い視野を持って、求人をみたとき、

この求人を出している人が、世の中にいるんだよなと思う。

小さな会社ならば、その求人を出した人も懸命に働いているのかもしれないけれど、

大きい会社ならば、その仕組みだけを作って

それを見ているだけの人も、世の中にはいるんだろうなと思う。

これに最近、気づいたわけです。

それに気づいたとき、自分の、あまりの小ささに衝撃を受けました。

でもね、血眼になって求人を探していた頃より

「そうかー」と思って、求人を眺められるようになりました。

日本の教育は、どちらかというと、真面目で従順な会社員を作ろうとしている気がします。

そうあるべき姿が、最も素晴らしいと言わんばかりに。

だからって、私が、この社会を変えてやろう!なんてことは思わないのですが、

狭い視野で、血眼になって求人を探していた頃より、

広い視野で、色んなことが見られるようになったことは、

成長したなーと思う部分です。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄