スポンサーリンク

太陽光発電で利益が出る人と、出ない人の違いを書いてみようと思います。

お金のこと
スポンサーリンク

「太陽光発電を取り入れたんだけど、全然利益が出ないんだよね」

そんな風に言う人もいれば、

「太陽光発電を取り入れたんだけど、かなり良いよ」

こんな風に言う人もいます。

どちらが正しいのでしょうか。

私は、ハウスメーカーに勤めた後、1年程の間、

某有名メーカーで、戸建住宅の屋根にソーラーを載せるための

設計をしていたことがあります。

その経験から、太陽光発電を取り入れた方が良い人と

取り入れない方が良い人の違いについて書いてみようと思います。

まず、日本の住宅でよく見かける2種類の屋根。

〈屋根1〉

3

〈屋根2〉

1

この屋根を上から見たものがコチラ

〈屋根1〉

4

〈屋根2〉

5

2種類の屋根に、同じ大きさ・同じ枚数のソーラーパネルを載せました。

この2種類の屋根の発電量は同じだと思いますか?

答えは、違います。

屋根1の方が、発電量が多くなります。

分かりやすく解説すると、東向きの部屋って、

朝は、太陽の光が入りますが、夕方になると

太陽の光が入らないという経験をしたことがあると思います。

太陽の光が、一番あたるのは、南なのです。

だから、東や西は、南に比べると、太陽があたる時間が少なくなるのです。

だから、2番の屋根は、南・東・西に、それぞれ1枚ずつ。

それに対して、1番の屋根は、南に3枚。

だから、1番の屋根の方が、発電量が多くなるのです。

たかだか、方位が違うだけって思うかもしれませんが、

これって、かなり大切です。

例えば、北向きにパネルを載せようものなら、

発電量は、南向きの半分になってしまいます。

そして、せっかく太陽光発電を載せるなら、

パネルは多い方がいいのですが、屋根1・屋根2は、

設計上、これ以上載せることは、まずしません。

(北向きは、勿体無さ過ぎるからです)

太陽光発電で、最も有利な屋根は、陸屋根と言われる

マンションの屋上のようにフラットな屋根です。

それならば、このように全面に載せることが可能になります。

6

この陸屋根バージョンと屋根2を比べると

雲泥の差が発生します。

その他にも、周りに高い建物があるとか、山があるとか

周辺の環境によっても違ってくるのですが、

太陽光発電で、最も大切なことは、いかにパネルが

太陽の光を浴びるか否かということなのです。

今後、太陽光発電の検討をされる方の参考になれば幸いです。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄

ランキングに参加しています😆
👇ポチッと応援してくれると嬉しいです✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ブログの感想などは
👇インスタのDMで待ってます❤️

ランキングに参加しています😆
👇ポチッと応援してくれると嬉しいです✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ブログの感想などは
👇インスタのDMで待ってます❤️

お金のことお金を増やす
スポンサーリンク