お金は与えられる前に「与えてみる」

お金のこと

先日、旦那が、こんな話をしてきました。

同じ職場にさ、同期で仲がいい奴がいるんだよ。

転勤前の職場でも、同じだったし、

今も、同じで世話になっているんだ。

で、そいつに、この前

子供が生まれたんだ。

女の子らしいんだけど、

お祝いを包みたいんだ。

■お祝い貰ったの?

それで、私は、

「へぇ〜、そうなんだ。

それは、別に良いけど、

その人から、うちが出産した時

お祝いとか貰ったの?」

すると、旦那は、

「いや、貰ってないんだけどさ、

お祝いを贈りたいんだ」

■せっかくだから

そうか。

分かった。

それなら、せっかくだから、

可愛いお祝い袋に入れて

渡してあげようか^^

IMG_1284

私は、100円ショップに行って

一番、可愛いなと思う

お祝い袋を買ってきました。

■奥さんに届かないかも・・

結婚して、これまでの

旦那の職場の話を聞いていたら、

臨時収入があった場合、

奥さんには伝えずに、

そのまま自分の財布へ・・

そういうのが常態化しているなと

感じることが多いです。

だから、今回のお祝い袋も

奥さんの元には届かないかもしれない・・

それは、重々承知の上で、

5000円を包んで旦那に渡しました。

■気持ち。

出産した奥さんの元には

届かないかもしれない。

でも、今の私は、

それでも良いと思っています。

旦那が「そうしてあげたい」と思う気持ちを

大切にしてあげたいと思うし、

そのお金の流れで

喜んでくれる人が一人でもいるのなら

それで良いなと感じます。

■お金への執着。

昔の私だったら、

「別にお祝いを貰った訳でもないなら

お祝いを包まなくてもいいんじゃない?」

そんな感じでした。

だって、もったいないじゃん。

でも、今の私は、

そうかー。旦那が、いつもお世話になってる人に

嬉しいことがあったんだね。

良かったねと、お金への執着が

減ってきたように感じます。

私は、これから、

喜びを与えられる

そんな人になっていきたいなと。

そういう軸を持った

人になろうと感じています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ